JR西日本、駅ホーム上の事故防止に「カメラ画像解析」導入へ | RBB TODAY

JR西日本、駅ホーム上の事故防止に「カメラ画像解析」導入へ

エンタープライズ セキュリティ

泥酔者の行動などを自動検知しホーム上の安全対策に繋げる。プライバシー面から動体検知カメラの画像解析では個人の特定は行われない(画像は同社リリースより)。
  • 泥酔者の行動などを自動検知しホーム上の安全対策に繋げる。プライバシー面から動体検知カメラの画像解析では個人の特定は行われない(画像は同社リリースより)。
  • ホームからの転落や線路内への立ち入りをカメラで撮影した画像によって検知可能。連動して発報を行い、列車運転士の非常停止につなげる(画像は同社リリースより)。
 JR西日本は24日、ホーム上の事故を防止するため「遠隔セキュリティカメラ」と「転落検知カメラ」を導入することを発表した。今年度中にカメラを設置完了させ、平成27年度に京橋駅、西九条駅で運用を開始する。画像解析技術を活用することで、多発する人身事故を低減させる狙いだ。

 「遠隔セキュリティカメラ」は駅構内の防犯カメラ映像から、蛇行して歩いている歩行者や、ベンチへの長時間の座り込み、不審物の置き去りなどを自動検知し、警報を受けた係員が危険性を確認して対応する。

 「転落検知カメラ」はホームの屋根に設置したカメラから、線路内への転落を自動検知して、乗務員への連絡・列車の停止手配などを行う。ホーム端の歩行者を検知して、内蔵スピーカーで注意喚起放送も行う仕組みだ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top