「Chromecast」に新機能「ゲストモード」追加、異なるWi-Fiでも接続可能に | RBB TODAY

「Chromecast」に新機能「ゲストモード」追加、異なるWi-Fiでも接続可能に

IT・デジタル モバイル

スティック型端末「Chromecast」でソフト更新、ゲストモード搭載
  • スティック型端末「Chromecast」でソフト更新、ゲストモード搭載
  • アプリのゲストモード画面
 Googleは11日、テレビのHDMI端子に装着するスティック型端末「Chromecast」に、新機能「ゲストモード」を追加した。同一のWi-FiネットワークにないAndroid端末でも接続できるようになった。

 「Chromecast」を複数のAndroid端末で利用する場合、従来は同一のWi-Fiネットワーク内にいなければならなかった。たとえば家に友人が遊びに来て一緒に「Chromecast」を利用する場合、ルータのパスワードを教えて同一のWi-Fiネットワーク内にいなければならなかった。それが今回の「ゲストモード」を追加で、パスワードを教えなくても利用できるようになった。

 「Chromecast」アプリのゲストモードを有効にすると、ChromecastはWi-Fi接続と位置情報を使用して、付近の携帯端末に自身の存在をブロードキャスト。アクセスに必要な4桁のPINは自動的に転送され、音によるペア設定を行う。設定に失敗した場合は、手動で4桁のPINを入力する。iOS端末には非対応。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top