ゴールデン・グローブ賞ノミネート作品が発表…アニメにはディズニー「ベイマックス」 | RBB TODAY

ゴールデン・グローブ賞ノミネート作品が発表…アニメにはディズニー「ベイマックス」

エンタメ 映画・ドラマ

『ベイマックス』ポスター
  • 『ベイマックス』ポスター
  • 『ベイマックス』場面写真
  • 『ベイマックス』場面写真
  • 『ベイマックス』場面写真
 第72回ゴールデン・グローブ賞のノミネート作品が11日(現地時間)発表され「アニメ作品賞」には今月日本でも公開されるディズニー映画『ベイマックス』がノミネートされた。期待されていたジブリ『かぐや姫の物語』はノミネートから外れた。

 映画『ベイマックス』は、ひとりぼっちの天才少年と“ふわふわ”なケア・ロボット ベイマックスとの絆と冒険を描いた感動アドベンチャー物語。過去、ゴールデン・グローブ賞・アニメーション映画賞の8本の受賞作品のうち、6本が同年アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞しており、昨年は『アナと雪の女王』が同賞を受賞後、アカデミー賞を受賞している。

 また、『ベイマックス』は、先日発表された“アニメーション界のアカデミー賞”と言われるアニー賞でも主要7部門にノミネートされ、来年2月に行われるアカデミー賞の選考候補作としてリストアップされたアニメーション作品の中でも、最有力候補という声が早くも上がっているという。

 ゴールデン・グローブ賞の主なノミネート作品と俳優、女優は以下のとおり。

 ドラマ部門 作品賞
・「6才のボクが、大人になるまで。」
・「フォックスキャッチャー」
・「THE IMITATION GAME」
・「SELMA」
・「博士と彼女のセオリー」

 コメディ/ミュージカル部門 作品賞
・「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
・「グランド・ブダペスト・ホテル」
・「イントゥ・ザ・ウッズ」
・「PRIDE」
・「ST. VINCENT」

 ドラマ部門 女優賞
・ジェニファー・アニストン「CAKE」
・フェリシティ・ジョーンズ「博士と彼女のセオリー」
・ジュリアン・ムーア「STILL ALICE」
・ロザムンド・パイク「ゴーン・ガール」
・リース・ウィザースプーン「WILD」

 ドラマ部門 男優賞
・スティーヴ・カレル「フォックスキャッチャー」
・ベネディクト・カンバーバッチ「THE IMITATION GAME」
・ジェイク・ギレンホール「NIGHTCRAWLER」
・デヴィッド・オイェロウォ「SELMA」
・エディ・レッドメイン「博士と彼女のセオリー」

 コメディ/ミュージカル部門 女優賞
・エイミー・アダムス「ビッグ・アイズ」
・エミリー・ブラント「イントゥ・ザ・ウッズ」
・ヘレン・ミレン「マダム・マロリーと魔法のスパイス」
・ジュリアン・ムーア「マップ・トゥ・ザ・スターズ」
・クワベンジャネ・ウォレス「ANNIE/アニー」

 コメディ/ミュージカル部門 男優賞
・レイフ・ファインズ「グランド・ブダペスト・ホテル」
・マイケル・キートン「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
・ビル・マーレイ「ST. VINCENT」
・ホアキン・フェニックス「INHERENT VICE」
・クリストフ・ヴァルツ「ビッグ・アイズ」

 アニメ作品賞
・「ベイマックス」
・「THE BOOK OF LIFE」
・「THE BOXTROLLS」
・「ヒックとドラゴン2」
・「LEGO(R) ムービー」

 脚本賞 
・ウェス・アンダーソン「グランド・ブダペスト・ホテル」
・ギリアン・フリン「ゴーン・ガール」
・アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、 ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr、アルマンド・ボー「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
・リチャード・リンクレイター「6才のボクが、大人になるまで。」
・グレアム・ムーア「THE IMITATION GAME」

 映画『ベイマックス』は、12月20日から日本でも公開される予定となっている。
《》

関連ニュース

特集

page top