瑛太「人生で大事な作品」と語るも、松田龍平「仕事(笑)」…『まほろ駅前狂騒曲』 | RBB TODAY

瑛太「人生で大事な作品」と語るも、松田龍平「仕事(笑)」…『まほろ駅前狂騒曲』

エンタメ 映画・ドラマ

瑛太&松田龍平&高良健吾&真木よう子/『まほろ駅前狂騒曲』初日舞台挨拶
  • 瑛太&松田龍平&高良健吾&真木よう子/『まほろ駅前狂騒曲』初日舞台挨拶
  • 真木よう子/『まほろ駅前狂騒曲』初日舞台挨拶
  • 瑛太/『まほろ駅前狂騒曲』初日舞台挨拶
  • 松田龍平/『まほろ駅前狂騒曲』初日舞台挨拶
  • 高良健吾/『まほろ駅前狂騒曲』初日舞台挨拶
  • 永瀬正敏/『まほろ駅前狂騒曲』初日舞台挨拶
  • 瑛太/『まほろ駅前狂騒曲』初日舞台挨拶
  • 松田龍平/『まほろ駅前狂騒曲』初日舞台挨拶
映画『まほろ駅前狂騒曲』が10月18日(土)に公開を迎え、主演の瑛太、松田龍平を始め、高良健吾、真木よう子、永瀬正敏、大森立嗣監督が初回上映後の舞台挨拶に登壇した。

三浦しをんの直木賞受賞の小説を原作に映画化された『まほろ駅前多田便利軒』、その後、連続ドラマとして放送された「まほろ駅前番外地」に続く『まほろ』シリーズの第3弾。30代バツイチの元同級生コンビの多田と行天が本作でも気の進まない依頼に翻弄され、事件に巻き込まれていく。

この日は観客がサプライズで一斉に「おかえりなさい!」と声をかけ、登壇陣を迎えたが、瑛太さんは「ただいま!」と力強く挨拶。松田さんは「ビックリしました(笑)。帰ってこられて嬉しいです」と笑顔を見せた。

3作にわたって多田を演じてきて、瑛太さんは「龍平とはデビュー(『青い春』)から何度も共演してきてるし、『まほろ』という作品も僕の人生においても大事な作品になりました」と語り、「今後、続けられるかはお客さんにかかっていると思います」とさらなるシリーズの続行に意欲を見せる。

松田さんも「この流れだと次はまたドラマかな?」とファンの期待を煽る。行天役に対して、松田さんは瑛太さんとは対照的に「仕事ですね」とそっけない口ぶりで語り、笑いを誘いつつも「客観的に見れないところもあるけど、それだけ思い入れのある役です」と飄々とした口調の中にも強い思いをうかがわせた。

1作目の映画から出演している高良さんにとって、瑛太さんや松田さんは先輩であり兄貴分的な存在だが「僕は瑛太さんとは17歳、龍平さんとは20歳の時に出会っていて、おふたりとも先輩なんですけど“後輩感”を出すと『何、お前?』って感じになるんです(苦笑)。でも、今回はクランクイン前に瑛太さんが“喝”を入れてくださって嬉しかったです」と笑顔で語る。

真木さんは連ドラからの参加となったが、以前からよく知る瑛太さん、そして松田さんとの共演について「凶器みたいな2人だから、懐に入ったらボコボコにされるので、距離を持ってやらないとと思った」と独特の表現で述懐。松田さんは「ボコボコにとかしないし…」と苦笑交じりに抗議するも、真木さんは「絶対する!」と譲らず、会場は笑いに包まれた。

舞台挨拶の最後に瑛太さんは、改めて『まほろ』の持つ独特の空気感を強調。「こういう映画が日本でたくさん見られるようになってほしいです。分かりやすくないものが受け入れられないようになってますが、『まほろ』のこういう世界観、人それぞれ捉え方が違う世界を描く映画を作れる日本であってほしいと俳優部として思ってます」と力強く語り、会場は温かい拍手に包まれた。

『まほろ駅前狂騒曲』は全国にて公開中。

瑛太、『まほろ』は「人生の大事な作品」と語るも…松田龍平は「仕事(笑)」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top