松坂桃李が“オネエ”に!多部未華子らとガールズトーク | RBB TODAY

松坂桃李が“オネエ”に!多部未華子らとガールズトーク

エンタメ 映画・ドラマ

多部未華子&松坂桃李&木村文乃/『ピース オブ ケイク』-(C) 2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
  • 多部未華子&松坂桃李&木村文乃/『ピース オブ ケイク』-(C) 2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
  • 『ピース オブ ケイク』-(C) 2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
  • 松坂桃李(天ちゃん役)/『ピース オブ ケイク』-(C) 2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
  • 木村文乃(ナナコ役)/『ピース オブ ケイク』-(C) 2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
  • 光宗薫(あかり役)/『ピース オブ ケイク』-(C) 2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
  • 柄本佑(正樹役)/『ピース オブ ケイク』-(C) 2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
  • 菅田将暉(川谷役)/『ピース オブ ケイク』-(C) 2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
「恋文日和」など女性から絶大な支持を得ているジョージ朝倉の大人気コミックを、田口トモロヲがメガホンを取り映画化した『ピース オブ ケイク』。この度、新たに松坂桃李、木村文乃、菅田将暉ら人気俳優陣が参加していることが分かった。

梅宮志乃(多部未華子)はバイト仲間との浮気がばれ、DV体質の恋人・正樹からフラれると同時にバイトも辞めることに。心気一転しようと引っ越した先で出会った隣人の男は、なんと新たな職場の店長だった! その男、菅原京志郎(綾野剛)に強く惹かれるが、京志郎には同棲中の彼女、あかりがいて…。

俳優、ミュージシャン、監督と幅広く活躍する田口トモロヲが実写化する本作。独りよりましという理由で言い寄られたら簡単に付き合う主人公・志乃を演じるのは、多部未華子。そして、志乃が想いを寄せる隣人でもありバイト先の店長・京志郎を綾野剛が演じる。

今回新たに発表されたのは志乃の学生時代からの親友で、バイト仲間の “おかまの天ちゃん”役に、松坂桃李。初のオネエキャラで、時には冷たく時には優しく見守る主人公・志乃の心の支えを怪演する。そして同じく学生時代からの親友、ナナコ役に木村文乃。志乃・天ちゃん・ナナコの3人で繰り広げられる“ガールズ”トークの恋バナは必見だ。

そのほか、京志郎の同棲相手であり、志乃のライバルとなるあかり役に光宗薫。また、志乃に言い寄るバイト先の同僚・川谷に菅田将暉、また、志乃の心にいつまでも残っている元彼の正樹役に柄本佑。さらには、中村倫也、安藤玉恵、森岡龍ら実力派俳優陣や、宮藤官九郎、監督・廣木隆一が俳優として友情出演するなど、個性豊かなキャストが集結した。

■松坂桃李(天ちゃん役)
初めての田口組、台本を手にした時は何だかワクワクしました。“おかまの天ちゃん”原作に負けないくらい愛すべきキャラクターに作り上げていけるよう、丁寧に楽しんで演じていきたいと思います。

■木村文乃(ナナコ役)
多部さんと舞台でご一緒させていただいていたとき、今度はもっと楽しい友達の役で側にいられたらなぁと思っていたところこんなに早く実現したので、志乃の数少ない親友として(笑)撮影も楽しませていただいています。

田口組については以前ご一緒しているスタッフの方が多く、田口監督とは初めてになりますがみなさんこちらの心情を細やかに察してくださるので緊張しがちな私ですが穏やかに撮影に挑むことができています。登場人物の中で一番地に足着いた役柄なので、自分の中のふわふわしてる部分はしばらく忘れて、作品のいいスパイスになれたらと思っています。

■光宗薫(あかり役)
以前より原作のファンだったので、今回のお話をいただいた時はとても光栄に思いました。あかりは繊細な所が多く、またその感情に至る背景が原作でしっかりと描かれている分、表現の方法も深く考える必要があり、難しく、面白かったです。

撮影中は田口監督をはじめ、多部さん、綾野さん、皆さんとても演技について真摯でいて学ぶことや得るものがとても多い、濃い日々でした。この作品には恋愛の面倒くさく、恥ずかしく、切ないくらい楽しい部分が沢山詰まっていると思います。

■柄本佑(正樹役)
正樹役をいただいてまず漫画を読みましたが、こんなイケメンを俺でいいのかしら? と正直思いました。しかし、この作品をやりたい第一の理由は「田口監督の現場をやりたい」だったので監督がOKならと開き直りました。田口組は無理に盛り上がることなく監督の独特の色気が漂う現場です。あと、撮影1日しかないのが残念ですが、頑張ります。

■菅田将暉(川谷役)
田口トモロヲ監督の描くリアルな人間像が好きだったので、いつかお仕事したいと願っていました。こんなに早く実現できたことがとにかく嬉しいです。原作と脚本を読んで、こんなに共感できた作品は初めて。それをリアルに伝えていきたい。川谷の今時の隠れざるラブハンター感を楽しみたいです。

『ピース オブ ケイク』は2015年秋、全国にて公開。

松坂桃李、初の“オネエ”役に! 多部未華子らとガールズトーク『ピース オブ ケイク』

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top