人気少女漫画「アオハライド」、実写映画主題歌にいきものがかり | RBB TODAY

人気少女漫画「アオハライド」、実写映画主題歌にいきものがかり

エンタメ 映画・ドラマ

アオハライド/いきものがかり (c)2014 映画「アオハライド」製作委員会
  • アオハライド/いきものがかり (c)2014 映画「アオハライド」製作委員会
  • (c)2014 映画「アオハライド」製作委員会 (c)咲坂伊緒/集英社
  • (c)2014 映画「アオハライド」製作委員会 (c)咲坂伊緒/集英社
  • (c)2014 映画「アオハライド」製作委員会 (c)咲坂伊緒/集英社
  • (c)2014 映画「アオハライド」製作委員会 (c)咲坂伊緒/集英社
  • (c)2014 映画「アオハライド」製作委員会 (c)咲坂伊緒/集英社
「別冊マーガレット」(集英社)にて連載中の少女マンガ『アオハライド』の実写映画は12月13日(土)に全国公開となる。
今回は新たに本作の主題歌が発表された。人気アーティスト・いきものがかりの新曲「キラリ」が爽やかな世界観を表現していく。

映画『アオハライド』の主題歌「キラリ」は、いきものがかりのリーダー・水野良樹さんが原作を読んで作詞・作曲を手がけた。「青春の輝きの中にいる誰かの背中を、そっと押すような歌になってほしい」という思いを込めて書き下ろされている。ボーカル・吉岡聖恵さんの明るく伸びやかな歌声にポジティブで強いメッセージをのせた、瑞々しいメロディーのミディアムナンバーに仕上がった。
編曲は本間昭光さんが担当。NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』主題歌で、日本レコード大賞優秀作品賞を獲得した「ありがとう」と同じ布陣が再結集したかたちである。さらに映画の監督である三木孝浩さんは、いきものがかりのPV監督を務めてきた経験を持つ。それゆえに曲と映像の相性も抜群のコラボレーションとなった。

主題歌を聴いたヒロイン・吉岡双葉役の本田翼さんは、「すごい爽やかでアオハルにピッタリだな! と思いました。キラリというタイトルの通り、映画を光らせてくれる素敵な楽曲です」と感激のコメント。相手役の馬渕洸を演じる東出昌大さんも「双葉や洸の気持ちが詰まっている曲でまさにアオハルのイメージそのままです。自分が演じていた時の気持ちとすごく重なりました」と太鼓判を押した。
キャストと同じく三木監督も「想い溢れ青春(アオハル)を風のように駆け抜けてゆく双葉たちにぴったりな、甘酸っぱさももどかしさも愛しさも全部詰まった本当に素敵な曲です!」と絶賛している。映画本編はもちろん、エンドロールで流れる「キラリ」にも大きな注目が注がれることになるだろう。
[高橋克則]

映画『アオハライド』
http://aoha-movie.com/
2014年12月13日(土)全国東宝系にてロードショー

[いきものがかり コメント]
『アオハライド』の主題歌のお話を頂いたとき、素直なことを言うと、「青春」というみずみずしい輝きの季節からは、ずいぶん時を経てしまった自分達にはちょっと遠い世界だなぁなんて、戸惑ってしまいました。
でも、原作を読ませて頂き、主人公達が懸命に「青春」を駆け上がろうとする姿を前にしたら、いつのまにか自分でも驚くほど素直でまっすぐなメロディが、こぼれてきました。
彼女たちの爽やかな背中を、そして同じようにいま青春の輝きの中にいる誰かの背中を、そっと押すような歌になれば嬉しいです。

映画「アオハライド」主題歌はいきものがかり「キラリ」に決定

《高橋克則》
page top