消耗しない転職活動……転職コンシェルジュという考え方 | RBB TODAY

消耗しない転職活動……転職コンシェルジュという考え方

IT業界やゲーム業界にいると、転職というのは決して遠い存在ではないだろう。自身を含め、身の回りで転職経験者を探すのは難しくないはずだ。日本においては、転職でキャリアを積んでいける数少ない業種のひとつかもしれない。

エンタープライズ 企業
志太重利さん
  • 志太重利さん
  • 水木英代さん
  • 「ワークポート」ホームページ
  • 転職コンシェルジュの「自分パンフレット」
 IT業界やゲーム業界にいると、転職というのは決して遠い存在ではないだろう。自身を含め、身の回りで転職経験者を探すのは難しくないはずだ。日本においては、転職でキャリアを積んでいける数少ない業種のひとつかもしれない。

 その転職活動においてインターネットは欠かせないツールとなっている。多くの転職支援サイトやサービスがあるが、中には自動化や手軽さを売りにするあまり、なかなか条件の合う企業が紹介されないといった問題も耳にする。

 ワークポートは、そのような転職サイトとは一線を画す意味で、ホスピタリティをコンセプトのひとつに掲げるユニークな会社だ。この会社は、転職コンサルタントを「転職コンシェルジュ」と呼んでいる。転職コンシェルジュは、単に企業を紹介するだけなく、初回の面談時から転職が決まるまで、「おもてなし」の心を大切にひとりひとりに担当者の顔がみえる対応、アドバイスをするという。

 面談の際は、自分が担当する相談者の到着前から待機しており、受付で担当コンシェルジュを呼び出す前に接客し、面談ルームに案内する。終わったあとの送迎もしっかり行うそうだ。また、転職相談の場合、終業時間あと、休日での面談設定も必要となる。このような場合でも、同様な対応をする。休日や時間外だとオフィスビルのフロントは施錠されてしまうので、この場合はビルの外での送迎までしてくれるそうだ。職業紹介事業に関する法律の規定もあるからだが、同社ではオフィス外での面談は行わない。

 「おもてなし」は送迎だけではない、求人企業の紹介やマッチングの支援で、条件の確認や詳細についても親身にヒアリングなどを行い、面接前のアドバイスも場合によっては対面で指導したり相談に乗ることもあるという。さらに、転職コンシェルジュは、ホームページや配布資料(小冊子)で、自身の経歴や趣味などを公開している。相談者の経歴や希望などを一方的に聞きだすだけでなく、自分の情報も公開してお互いの信頼関係を深めるためだ。

《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top