三井生命、営業職員向けにWindowsタブレット1万台を導入 | RBB TODAY

三井生命、営業職員向けにWindowsタブレット1万台を導入

エンタープライズ 企業

採用されるタブレット端末(予定)
  • 採用されるタブレット端末(予定)
  • 富士通製Windowsタブレット
 三井生命が営業職員向けタブレット型情報端末として、富士通製Windowsタブレット約1万台を導入した。営業職員に配布され、顧客および職員、両面での利便性の向上を図る。

 営業スタイルに合わせてカスタマイズされた特別仕様の富士通製Windowsタブレットが採択されたものだが、契約内容の確認や保険設計の作成・修正を行うことが可能になる。万一、この端末が紛失・盗難に遭った場合でも、遠隔操作により端末内データを消去できるという。2015年1月からペーパーレス化も順次実現することで、対象となる顧客の手続き負担を大幅に削減する計画だ。
《》

関連ニュース

特集

page top