優秀な人材の隙間時間を活用し、企業の課題を解決……「プロクル」 | RBB TODAY

優秀な人材の隙間時間を活用し、企業の課題を解決……「プロクル」

エンファクトリーは、新規事業を立ち上げようとする企業と、すでに独立していたり企業内で働いている“現役プロ”とを結び、現役プロが事業の現場で依頼企業と伴走できるような、新たなマッチングサービス「プロクル」を26日に開始した。

エンタープライズ その他
優秀な人材の隙間時間を活用し、企業の課題を解決……「プロクル」
  • 優秀な人材の隙間時間を活用し、企業の課題を解決……「プロクル」
 エンファクトリーは、新規事業を立ち上げようとする企業と、すでに独立していたり企業内で働いている“現役プロ”とを結び、現役プロが事業の現場で依頼企業と伴走できるような、新たなマッチングサービス「プロクル」を26日に開始した。

 「プロクル」では、新規事業の立ち上げや既存のインターネットサービスの改善などに課題を持つ企業が、月10万円から必要に応じた時間・回数で現役プロに相談や仕事の依頼をすることができる。

 新規事業やウェブサービスを立上げようとしても、必要な知見が企業内部に蓄積されていないことがある。その課題解決ができる豊富な人材を採用する難度やコストも高い。さらに、そういった人材はすでに独立や起業をしていたり、企業内で活躍していたりする(=現役プロ)ことが多いため、転職市場にはほとんどいない。

 また、企業内部に固定化した組織を構築すること自体が、事業のスピード化や成功を妨げることもあり、外部の人材と連携することで成功確度を高めるようとする動きもある。

 「プロクル」では現役プロの隙間時間を活用し、例えば「毎週水曜日の19時00分~21時00分」に企業の会議や議論に参画し、開発責任者や担当者にとっての伴走者として課題解決に従事してもらう、というようなマッチングを図る。

 マッチングに際しては、業務の性質上、必ず面談を挟み、日程調整や契約などの作業をエンファクトリーが担い、企業・プロ双方の手間を省く。企業にとっては、通常アプローチできない人材を月額10万円から活用でき、現役プロにとっては、本業の隙間時間を使って、有益な社会的意義や、新たな機会、自身の能力の活用を、パラレルワークや副業として得ることができる。

 当面「プロクル」は、新規事業やWEB関連の現役プロとのマッチングに特化し、30名以上の現役プロが登録しているが、今後は様々な分野の現役プロに参画してもらい、1年程度で約300名の現役プロをネットワークしていく予定だ。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top