NTTドコモ第1四半期決算発表、新料金プランは600万契約を突破 | RBB TODAY

NTTドコモ第1四半期決算発表、新料金プランは600万契約を突破

エンタープライズ モバイルBIZ

第1四半期決算サマリー
  • 第1四半期決算サマリー
  • 純増数
  • MNP
  • ARPU
  • 新料金プラン
  • 新料金プランの特長
  • LTEネットワーク
  • ネットワーク品質評価
 NTTドコモは25日、2014年第1四半期の決算会見を行った。代表取締役社長の加藤薫氏は、営業収益は3.4%減の1兆0753億円、営業収益は15.3%減の2096億円となったが、年間進捗率は営業収益が23.4%、営業利益が28.0%となったことを発表。「成長軌道の確立」に向け、順調に推移しているとした。

 第1四半期の純増数は46万契約と、前期の9万契約から大きく増加。新規販売数もやや増加し、解約率やMNP流出も改善。一方でARPUは前年同月比-70円となり、音声ARPUの減少をパケットARPUやスマートARPUでリカバリーしきれなかったとした。

 好評の新料金プラン「カケ・ホーダイ&パケあえる」は6月末で467万契約、昨日24日時点では600万契約を突破。開始から2ヵ月弱でこの数字は思っていた以上の数であるとはしつつも、ほぼシナリオ通りだという。

 LTE基地局は6月末で6万6300局、そのうち100Mbps以上に対応した基地局数は1万900局。下り最大225MbpsのLTE-Advancedは14年度中の提供を予定する。

 ネットワーク品質については、日経BPコンサルティングのネットワーク満足度調査とLTEダウンロード速度でいずれも1位となったことを示した。特に、ネットワーク満足度調査では「エリア、通話品質、通信品質のすべての項目において満足度がナンバーワンで、いわば三冠を果たしていると思っている」(加藤氏)と強調。実際の速度と体感の両方で1位となったことを喜んでいるとしつつも、「ネットワークは生き物であるので、この評価に甘んじずLTEネットワークの品質を磨き上げていきたい(加藤氏)」と、今後もネットワーク強化を推進していく考えを示した。

 質疑応答では、新料金プラン600万契約のユーザー属性や細かいプランに関する質問が多くを占めたが、詳細について多くは明かさなかった。

 また、秋にも発売が噂されている新型 iPhoneについて聞かれると、「iPhone 6がいつ出るのか、いくらなのかということは霧の中だが、できるだけいろんなチャンスをものにしていきたい。製品と競争環境にもよるが、キャッシュバック合戦のようなものは避けたい」と述べた。
《》

関連ニュース

特集

page top