Amazon Kinesis、東京リージョンで提供開始 | RBB TODAY

Amazon Kinesis、東京リージョンで提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Amazon Kinesis」紹介ページ
  • 「Amazon Kinesis」紹介ページ
 Amazon Web Services, Inc.は17日、「Amazon Kinesis」の東京リージョンでの提供を開始した。

 「Amazon Kinesis」は、大量のストリーミングデータをリアルタイムで処理する完全マネージド型サービス。多数のソースから1時間あたり数テラバイトのデータを保存、処理することが可能となる。Amazon Kinesis対応アプリを使うことで、リアルタイムのタイムダッシュボード機能の強化やアラート作成、さまざまなリアルタイム処理を簡単に構成できる。

 Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)、Amazon Elastic Map Reduce(Amazon EMR)、あるいはAmazon Redshiftなどの他のビッグデータサービスにデータを送信することも可能。また、サードパーティー製品も組み込めるため、開発者はポピュラーなオープンソース製品をはじめ、自由にデータ処理方法を選ぶことができる。利用開始は、AWS Management Console上の操作もしくはAPIコールの実行により可能。

 日本ではすでに、中古車流通大手のガリバーインターナショナル、ペンシル、リプレーション、スマートインサイトなどが導入している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top