スマホのワンクリック詐欺が増加傾向……画面は「表示されているだけ」 | RBB TODAY

スマホのワンクリック詐欺が増加傾向……画面は「表示されているだけ」

 情報処理推進機構(IPA)は2日、2014年6月の呼びかけ「登録完了画面が現れても、あわてないで!」を公開し、スマートフォンでの「ワンクリック請求」について、注意を呼びかけた。

ブロードバンド セキュリティ
IPAに寄せられたワンクリック請求の相談件数月別推移(2013年6月~2014年5月)
  • IPAに寄せられたワンクリック請求の相談件数月別推移(2013年6月~2014年5月)
  • スマートフォンでのワンクリック請求で登録が完了した際に表示される画面
  • ホームボタンを押しても再度ブラウザに切り替えると登録画面が表示される(例:iPhone)
  • Android端末のブラウザでタブをスワイプして消去する方法の例
 情報処理推進機構(IPA)は2日、2014年6月の呼びかけ「登録完了画面が現れても、あわてないで!」を公開し、スマートフォンでの「ワンクリック請求」について、注意を呼びかけた。

 「ワンクリック請求」(ワンクリック詐欺)とは、サイトに登録して契約が成立したと思わせて、利用者を慌てさせサイト使用料の名目でお金を支払わせるものだ。2014年4月と5月にかけてIPAに寄せられたワンクリック請求の相談件数は合計593件。そのうちスマートフォンでのワンクリック請求に関する相談件数は162件で、全体の約3割を占め、増加傾向にあるという。

 「スマートフォンでのワンクリック請求」は、アプリなどが常駐する「パソコンでのワンクリック請求」と異なり、“登録完了”と記載されたウェブページがブラウザ上で表示されているだけのものがほとんどだ。そのため、正しい手順でタブを消去したり、履歴を消去すれば、それで次からは表示されなくなる。

 しかし、動揺した相談者が、あわててワンクリック請求業者に電話やメールで連絡した結果、電話番号やメールアドレスなどの情報が相手業者に知られたことを不安に思う相談が多いと、IPAでは指摘している。

 IPAでは、ワンクリック請求の登録画面が表示されても慌てないこと、こういった“脅し”にのって自ら業者に連絡をしたりお金を振り込まないこと、不安に思う場合は最寄の消費生活センターへ相談することを呼びかけている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top