JAL SKY NEXT登場……全席本革シート、LED照明[フォトレポート] | RBB TODAY

JAL SKY NEXT登場……全席本革シート、LED照明[フォトレポート]

エンタメ フォトレポート

「JAL SKY NEXT」仕様 《撮影 稲葉九》
  • 「JAL SKY NEXT」仕様 《撮影 稲葉九》
  • 「JAL SKY NEXT」仕様 《撮影 稲葉九》
  • 「JAL SKY NEXT」仕様 《撮影 稲葉九》
  • 「JAL SKY NEXT」仕様 《撮影 稲葉九》
  • 「JAL SKY NEXT」仕様 《撮影 稲葉九》
  • 「JAL SKY NEXT」仕様 《撮影 稲葉九》
  • 「JAL SKY NEXT」仕様 《撮影 稲葉九》
  • 「JAL SKY NEXT」仕様 《撮影 稲葉九》
 日本航空(JAL)が「ひとつ先のスタンダード」をテーマとした新仕様機材「JAL SKY NEXT」を、5月28日の羽田=福岡線からデビューさせる。これに先駆け、初号機の報道向け披露会が5月27日に、東京・羽田のJAL機体メンテナンスセンター2格納庫で行なわれた。

 新仕様機材「JAL SKY NEXT」はボーイング777-200型機で機内インテリアの刷新により全席本革シート、LED照明となった。7月からは機内のインターネットサービスと機内Wi-Fiによる新エンターテインメントサービスが開始されるなど、これまでよりも快適なサービスが国内線でも開始される。

 式典に登壇した日本航空執行役員路線統括本部の加藤淳氏は「今回全ての座席を更新した。全席に高品位の本革を使用している。これは滑らかで非常に快適な着座感がある。本革の懸念点としての滑りやすさもクッションの工夫とステッチを入れることで滑りにくくホールド感のある座席に仕上げた。座席もスリム化し、席数を減らさずにひざ周りを最大5センチ広くすることに成功した。クラスJは普通席よりさらに質感の高い、高品位の本革を採用している。従来よりさらにバージョンアップしている。LED照明は全部で12色、お客様がお乗りになる時間帯や季節によっていろいろな演出が可能となっている。お客様がよりリラックスして過ごせると思う。機材の改修が進めば伊丹や札幌にも就航する」と話した。

 5月28日から6月30日までの「JAL SKY NEXT」機の運行スケジュールは羽田発7時25分(到着9時15分)のJL303便、羽田発12時25分(到着14時15分)のJL315便、羽田発17時25分(到着19時15分)のJL325便、福岡発10時00分(到着11時35分)のJL310便、福岡発15時00分(到着16時35分)のJL320便、福岡発20時00分(到着21時35分)のJL332便。他路線への運行開始日、機材計画などについてはホームページで順次公開していくとしている。
《稲葉九》

関連ニュース

特集

page top