ヤマハ、ボカロ曲の制作を支援する会員制クラウド『ボカロネット』7月開始 | RBB TODAY

ヤマハ、ボカロ曲の制作を支援する会員制クラウド『ボカロネット』7月開始

ブロードバンド その他

『ボカロネット』ロゴ
  • 『ボカロネット』ロゴ
  • 『ボカロネット』画面イメージ
  • 自動作曲サービス「VOCALODUCER(ボカロデューサー)」カンタンモード画面
  • 自動作曲サービス「VOCALODUCER(ボカロデューサー)」ノーマルモード画面
 ヤマハは24日、「VOCALOID」による楽曲制作をさまざまな機能で支援する会員制クラウドサービス『ボカロネット』を発表した。7月より提供を開始する。無料会員およびプレミアム会員(月500円)が用意されている。

 『ボカロネット』は、「VOCALOID」での楽曲制作をさまざまな機能で支援する会員制クラウドサービス。いままで法人利用に限定されていた、歌詞を入力するだけでボカロ楽曲を自動的に生成する技術「VOCALODUCER」を一般向けにも提供する。「VOCALODUCER」は『ボカロネット』の公式サイト上で利用可能となる。

 また、「VOCALOID3 Editor」や「VOCALOID Editor for Cubase」などの『ボカロネット』対応アプリケーション間での楽曲データのやりとりをシームレスに行えるクラウドストレージ「ボカロストレージ」を提供する。「ボカロストレージ」への楽曲データの保存や読み込みは、『ボカロネット』対応アプリケーション上から直接行える。

 無料会員は、自動作曲サービス「VOCALODUCER」、クラウドストレージ「ボカロストレージ」(500MB分)が利用可能。プレミアム会員は、「ボカロストレージ」 の容量が5GBに増量され、「VOCALODUCER」の機能のアップグレード(最大利用回数・歌声の種類・伴奏音源・作曲できる小節数の増加、伴奏MIDIファイルのダウンロードなど)によって、より便利な機能を利用できる。そのほか、楽曲制作に役立つ技術やサービスを追加する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top