NTT Com、ブラウザ間チャット「WebRTC Chat on SkyWay」を無償提供……WebRTCを国内初活用 | RBB TODAY

NTT Com、ブラウザ間チャット「WebRTC Chat on SkyWay」を無償提供……WebRTCを国内初活用

ブロードバンド テクノロジー

「WebRTC chat on SkyWay」サイト
  • 「WebRTC chat on SkyWay」サイト
  • 「HTML5 Experts Works」サイト
  • 「WebRTC chat on SkyWay」の仕組み
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は21日、ブラウザ間でリアルタイム通信を実現するWebRTC(Web Real-Time Communications)技術を国内で初めて本格的に活用したWebアプリケーションサービス「WebRTC Chat on SkyWay」の無償トライアル提供を開始した。

 WebRTCは、パソコンやスマートフォンの既存ブラウザ間で、映像やデータをやりとりする技術。サーバを介さないため、リアルタイム性向上と低コスト化が期待されている。そのため「WebRTC Chat on SkyWay」は、発言内容をサーバに履歴として残さない、秘匿性の高いチャットサービスとなっている。通信自体も暗号化されている。なおチャット開始/切断時の接続情報は標準的に保存される。会員登録は不要で、サービスサイトにアクセスするだけで、利用開始が可能。

 「WebRTC Chat on SkyWay」の提供を通して得られた知見は、開発中のプラットフォーム「SkyWay」へ反映し、可用性の高いWebRTCプラットフォーム機能を順次追加していく方針だ。

 NTT Comは2013年7月より、HTML5を活用した新たなICTサービスの開発を推進するプロジェクト「NTTコミュニケーションズ HTML5ラボ」を展開しており「WebRTC Chat on SkyWay」の提供はその一環となる。あわせて、HTML5技術を活用したアプリケーションやWebサイトなどの先端的な事例を紹介するWebサイト「HTML5 Experts Works」も4月21日に開設されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top