【インタビュー】サンドウィッチマン「スッと入ってくる笑い」 | RBB TODAY

【インタビュー】サンドウィッチマン「スッと入ってくる笑い」

エンタメ その他

サンドウィッチマン
  • サンドウィッチマン
  • DVD「サンドウィッチマンライブツアー2013」
 お笑いコンビ、サンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)の2013年札幌公演が収録された、オール新ネタDVD「サンドウィッチマンライブツアー2013」が発売された。2人のライブにかける想いや、同DVDの“進化”を聞いた。

--- 今回、札幌の公園をDVDにした理由は?

伊達:初めて札幌のライブをDVDに収録したんですが、盛り上がるんですよね、札幌は。僕ら仙台の出身ですけど、札幌はなんか“ホーム”のような感じがするんですよね。

富澤:仙台と同じでノリがいいっていうか。

伊達:2013年5月から、札幌でレギュラー番組が始まりまして、月2回、札幌に行ってるんですけど、なかなかいい感じだったんで、ちょっと札幌のライブをDVDにしようかなと。

--- やっぱり北国なので内容は暖まるものに?

伊達:いや、なってないです。ないですけど、このDVDを見てもらって、「実際に僕らのネタを生で見てみたいな」って、全国の人たちが思ってもらえたら一番うれしいですよね。

富澤:毎年、夏ごろにできあがったネタをライブで見せて、DVDに収録するのがこの3月というタイミングなんですね。

--- なぜ今回、大相撲のビジュアルを?

伊達:「パッケージ、どうしようかな」って思ってたときに、たまたま入った食堂に大相撲カレンダーが貼ってあったの見て、「これおもしろいな」と。僕ら二人ともラグビーやってたもんで、たまたま体格もいいんで、豊ノ島関(時津風部屋)からお借りして実現しました。

富澤:最初、自分たちでつくろうと思ってたんですけど、250万円ぐらいかかるって言われて、借りようかと。

伊達:豊ノ島関とは初対面だったんですけど、撮影にも来てくれて、うれしかったですね。

富澤:「公演」と銘打ったのは初ですが、ネタの中に相撲は一切、出てきません。テレビでやならないようなネタもあるんで、「サンドってこんな一面もあるんだ」ってところを見てもらいたいですね。あ、あと大相撲のDVDと間違わないようにしてほしいですね。なんだったらDVDショップのスポーツコーナーに置いてもらってもいいですけどね。

《大野雅人》

関連ニュース

特集

page top