NTT「ズームアップマイク」デモ……スタジアムに円盤が並ぶ? | RBB TODAY

NTT「ズームアップマイク」デモ……スタジアムに円盤が並ぶ?

 NTTは4月16日、同社武蔵野研究開発センタ(三鷹)で、20m先で話す人々の声から指定した人の声のみをクリアに「収音」できる技術「ズームアップマイク」を報道陣に公開した。

ブロードバンド フォトレポート
NTT「ズームアップマイク」デモ
  • NTT「ズームアップマイク」デモ
  • NTT「ズームアップマイク」デモ
  • NTT「ズームアップマイク」デモ
  • NTT「ズームアップマイク」デモ
  • NTT「ズームアップマイク」デモ
  • NTT「ズームアップマイク」デモ
  • NTT「ズームアップマイク」デモ
  • NTT「ズームアップマイク」デモ
 NTTは4月16日、同社武蔵野研究開発センタ(三鷹)で、20m先で話す人々の声から指定した人の声のみをクリアに「収音」できる技術「ズームアップマイク」を報道陣に公開した。

 ズームアップマイクは、約100本のマイクロホンと、凹型反射板から構成された集音装置(マイク)。拾いたい音の波(エネルギー)を、大型の中華鍋のような反射板に反射させて、複数のマイクロホンで集音する仕組みで、異なるマイクロホンの間に生じる波の位相・振幅差を利用し、約20m先の狙った音だけをクリアに拾うことができるという。

 今回、武蔵野研究開発センタで公開されたプロトタイプは、中華鍋に似たオレンジ色の凹型反射板の“お皿”(上下それぞれ6個、合計12個)が、音をキャッチしたい方向に向いていた。

 デモでは、互いに1mほど離れた男女2人の会話を、約20m離れたところから“狙い撃ち”。モニター上に映る男女の、それぞれにカーソルをあてると、男性の声、女性の声が個別にはっきりと聞こえてくる。

 同社メディアインテリジェンス研究所の丹羽健太氏は、このズームアップマイクについて、「特徴は2つ。ひとつは約3度の空間分解機能で収音できること。具体的には約20m先で隣り合って会話している人の声を、それぞれクリアにキャッチできる。もうひとつは、ユーザーが指定した任意の位置にある音源を収音きること。つまり、狙った人物が移動しても、その話し声を追従しながら聞き取ることができる」と説明する。

 こうした技術が進化すると、将来的には、野球のバッテリーの会話や、サッカー選手のかけ声などがキャッチできるようになり、より臨場感のある観戦が楽しめるようになるという。「今後は20m先にある音源に対する動作検証を実施しつつ、20m以上の距離にある集音能力も確認していく。2年後には50m、サッカーコートの長辺の半分程度の距離の音源をクリアに収音できるように技術レベルを向上させたい。今度の東京オリンピックには実用化されたズームアップマイクが登場するかも」と同社は話している。

 一般的には、集音と記すが、「日常的にNTTが用いる表現として『収音』という漢字を使ってしまっているが、集音と同じ」と同社。「われわれは、カメラで遠方を撮影するように、遠方にある音をクリアに収音することを目指す」と話していた。

 今回の報道公開で同社は、「小型汎用性のある収音装置・ソリューション」も披露。「数百円で手に入るマイク素子2~3本と、今回開発した信号処理技術を組み合わせ、騒音や雑音のある環境下でも、クリアに狙った場所の音声を収音できるというマイクを試作した。雑音の多い車内の中でのカーナビ操作や、工場内でのハンズフリー会話などへの応用が期待できる」(同社)という。タバコより少し大きいその試作品では、向けた方向の音だけをクリアに集音できることを確認できた。

 また同社は、4月26~27日に千葉・幕張で開催される「ニコニコ超会議3」に参加。今回報道公開されたズームアップマイクが披露されるという。
《大野雅人》

関連ニュース

特集

page top