専用ハードなしで、40Gbpsの通信データを高速検索する技術を開発 富士通研 | RBB TODAY

専用ハードなしで、40Gbpsの通信データを高速検索する技術を開発 富士通研

ブロードバンド テクノロジー

40Gbpsの通信データ蓄積、検索システムの構成
  • 40Gbpsの通信データ蓄積、検索システムの構成
  • キャプチャーから書込みまで非ブロック型で行うデータ処理技術
 富士通研究所は4月14日、40Gbpsの通信データを蓄積しながら高速検索する技術をソフトウェアで実現したことを発表した。ネットワーク解析の専用ハードウェアを用意しないと、実現が難しいとされており、業界初開発の技術とのこと。

 通信データは次々に送られてくるため、その解析に従来は専用ハードウェアが使用されていた。今回、汎用ハードウェアとソフトウェアだけで、40Gpbsまでの通信データ蓄積と検索処理性能を達成した。通信データを取得するキャプチャー処理から蓄積まで、各処理に適したデータ量にパケットをまとめて受け渡す、非ブロック型のデータ処理技術により実現した。パケットを時刻や送信元などの単位で分類するとともに、ステージ間のデータの受け渡しの際にパケットのコピーをせず、解析結果を参照可能にした。

 これにより、一部データのサンプリングや短期の観測では見逃されていた、ネットワークのボトルネックや通信に紛れた外部からの攻撃なども低コストで確実に捕捉できるようになるという。

 今後は実証実験を進め、2014年度中の実用化を目指す方針だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top