SDN/NFVは“期待から現実に”……データセンターSDN、2014年にさらに本格化 | RBB TODAY

SDN/NFVは“期待から現実に”……データセンターSDN、2014年にさらに本格化

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

国内SDNエコシステム市場 売上額予測、2012年~2017年
  • 国内SDNエコシステム市場 売上額予測、2012年~2017年
 IDC Japanは4月3日、「SDN(Software-Defined Network)」「NFV(Network Functions Virtualization)」に関する国内市場動向の分析結果を発表した。

 現在SDNは、漠然とした期待を抱く段階から理解が進み、現実のネットワーク環境への適用段階に至っている。「データセンターSDN」「企業ネットワークSDN」、そして“次世代のネットワークインフラ”を実現する手段として期待されている「キャリアSDN/NFV」などの取り組みが拡大している。

 これらを受け、IDCでは、先行しているデータセンターSDNは、2014年にさらに本格化し2017年には342億3,400万円に達すると予測している。また、キャリアSDN/NFVは、2016年以降に急速に立ち上がり、2017年の市場規模はそれぞれ366億5,600万円、560億4,900万円とIDCでは予測している。なお企業ネットワークSDN市場は、データセンターSDN市場の約4分の1程度の市場規模にとどまると分析されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top