新宿伊勢丹地下2階でバレンタインイベント開催。墺チョコ「ゾッター」初登場 | RBB TODAY

新宿伊勢丹地下2階でバレンタインイベント開催。墺チョコ「ゾッター」初登場

エンタメ フォトレポート

「ゾッター」のナシスコレクション(2種)
  • 「ゾッター」のナシスコレクション(2種)
  • 「ゾッター」のラブーコ。ライスミルクでできた乳製品アレルギー対応チョコも
  • 「ゾッター」のバレロス。ナッツやフルーツをチョコレートでコーディングしている
  • 「ゾッター」のバレロス。松の実オレンジ
  • 「ゾッター」のバレロス。デーツをホワイトチョコでコートしコーヒーの香りを加えた「コーヒーデーツ:
  • 「ゾッター」のバレロス。ドライチェリーをチェリー味のチョコでコーティングした「チェリーチェリー」
  • 「ゾッター」のカカオニブ。シリアルやヨーグルトに混ぜて
  • 「ゾッター」の製菓用クーベチュールチョコレート
伊勢丹新宿店地下2階ビューティアポセカリーでは「ビューティーアポカセリー バレンタインステーション」を開催している。2月14日まで。

オーストリアのチョコレートブランド「ゾッター(zotter)」が伊勢丹に初登場した。チョコレートを2枚セットにした商品・ラブーコ(Labooko、35g 2枚組/1,050円)は、カカオの産地別や含有率の異なるミルクとダークチョコレート、毎シーズン人気のストロベリー、乳製品アレルギー対応のライスミルクで作られたライスホワイト&ライスダークをそろえる。

いずれも白砂糖を使わずに粗糖や黒糖を使用。優しい甘さがカカオの旨味とフルーツの酸味を引き立てる。その他に、ラブーコの小さなサイズを6枚組にセットしたナシスコレクション(Nashis、2種/1,600円)、ナッツやドライフルーツをチョコレートでくるみ、ココアパウダーやフルーツパウダーなどでコーティングしたバレロス(Balleros、100g/1,400円)がある。

カカオ豆をローストして砕いただけのカカオニブ(Nibs、70g/1,100円)はお菓子作りや料理に応用できる他、ポリフェノールが豊富なヘルシースナックとしてそのまま食べることもできる。同ブランドの原料は有機栽培とフェアトレードにこだわり、オーストリアではオーガニック認証を受けている。

■自分用チョコはスティックタイプ

ベルギー産オーガニックチョコレート「グリーンドリーム(GREEN DREAM)」はカカオ72%以上のダークチョコレートをベースにフルーツフレーバーを組み合わせ、こちらもフェアトレード商品で乳製品不使用。ドイツのお菓子ブランド「ビューティースウィーティーズ(Beauty Sweeties)」のクリスピーチョコレートはホワイトチョコレートにたっぷりのフルーツ入り。女性らしいパッケージで美容や健康に気を使う女性達をターゲットにしている。

「今年、自分用に手軽に食べられるスティックバータイプのフードが人気。チャヤ マクロビオティックスのカシューナッツショコラ(70g/525円)はコストパフォーマンスの高さでまとめ買いする顧客が多い」(同店スタッフ)とのこと。

この他にも、動物性原料の乳製品卵は使用せず白砂糖も不使用、更に小麦粉も使用していないグルテンフリーのクッキー「ごほうび。」、ナチュラルな美味しさと優しいフルーツやハーブの香りが人気のベルギーチョコレート「ニュートゥリー(NEW TREE)」なども並ぶ。

外側からだけでなく、内側からの美しさを提唱する同ショップでは、女性同士でのバレンタインパーティーの手みやげや、健康に気を使う男性へのプレゼントにもおすすめのヘルシーなチョコレートを提案している。
《高橋果内子》

関連ニュース

特集

page top