スライド型QWERTYキーボード搭載スマートフォン「Optimus F3Q」が米国で発売 | RBB TODAY

スライド型QWERTYキーボード搭載スマートフォン「Optimus F3Q」が米国で発売

IT・デジタル モバイル

スライド型QWERTYキーボード搭載スマートフォン「Optimus F3Q」
  • スライド型QWERTYキーボード搭載スマートフォン「Optimus F3Q」
  • 物理QWERTYキーボードを搭載しているのが最大の特長
  • ディスプレイは4インチ
  • 背面
 米T-Mobileは27日(現地時間)、4インチのLG製Androidスマートフォン「Optimus F3Q」を2月5日に発売すると発表した。スライド型の物理QWERTYキーボードを搭載している。

 「Optimus F3Q」は、スライドして本体に収納できる物理QWERTYキーボードを搭載しているのが最大の特長。ディスプレイは4インチのIPS液晶(800×480ピクセル)、OSはAndroid 4.1、プロセッサはデュアルコアのSnapdragon 400「MSM8930」(1.2GHz)、メモリは1GB、4GBのストレージを搭載するエントリークラスのAndroidスマートフォンだ。IEEE802.11b/g/n Wi-Fi、Bluetooth 4.0、WCDMA/LTEに対応する。

 2013年8月に米Verizon向けに販売された「LG Enact」のT-Mobile モデルで、NFCに対応するなど仕様が一部異なる。価格312ドルで、2年間の契約で実質無料となる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top