池上彰が初の映画字幕監修……「ジャック・ライアン」シリーズ | RBB TODAY

池上彰が初の映画字幕監修……「ジャック・ライアン」シリーズ

 ジャーナリストの池上彰氏が来年2月15日より公開となる映画『エージェント:ライアン』で、初めて字幕監修を務める。

エンタメ 映画・ドラマ
初めて映画の字幕監修を務める池上彰氏
  • 初めて映画の字幕監修を務める池上彰氏
  • 『エージェント:ライアン』 (c) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
 ジャーナリストの池上彰氏が来年2月15日より公開となる映画『エージェント:ライアン』で、初めて字幕監修を務める。

 トム・クランシー原作の「ジャック・ライアン」シリーズは、時代の先端をゆく世界情勢や国際問題を背景に、強い正義感と天才的な分析力を持った男ジャック・ライアンが、立ちはだかる陰謀や敵に挑む様をリアル描き、世界で1億冊以上読まれたベストセラー。映画は過去に『レッド・オクトーバーを追え!』('94)をはじめ4本が製作されている。

 同作を配給するパラマウントは、英語の台詞にある専門用語を違和感なく自然な日本語で楽しんで欲しいという思いで、池上氏に字幕監修を依頼。池上氏はトム・クランシーの愛読者で、ジャック・ライアンのファンであることから、依頼を快諾した。

、『エージェント:ライアン』は、経済アナリストからCIAエージェントにリクルートされたスパイ経験ゼロのジャック・ライアンが、ルーキー捜査官として“次世代型テロ”の巨大な謎に挑む戦いを描く。2014年2月14日先行・15日全国ロードショー。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top