東ロボくん、東大入試模試数学で偏差値60 | RBB TODAY

東ロボくん、東大入試模試数学で偏差値60

ブロードバンド テクノロジー

国立情報学研究所 HP
  • 国立情報学研究所 HP
  • 東ロボくん模試成績表1
  • 東ロボくん模試成績表2
  • 東ロボくん模試成績表3
 国立情報学研究所が主催する人工頭脳プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」において、人口知能「東ロボくん」が代ゼミセンター模試に挑戦した。その結果、東大入試プレ数学では文系4問中2門完答、理系6問中2問完答で偏差値約60を記録した。

 同プロジェクトでは、2016年度までに大学入試センター試験で高得点をマークし、2021年度には東京大学入試を突破することを目標に研究が進められている。今回は代々木ゼミナールの「代ゼミセンター模試」に挑戦し、第1回全国センター模試8科目と第1回東大入試プレ数学(理・文)を受験した。

 東大入試プレ(文系、理系)ではどちらも40点と高得点を収め、偏差値は約60。センター模試では世界史B、日本史B、数学1・数学A、の3科目では平均点を上回る成績を収めたが、問題文が長くなると誤答が多くなるという結果になった。問題文が長くなればなるほどその意味を正確に理解することが難しく、誤答が多くなってしまい、その結果国語や英語など文章の掌握を問われる内容では力を出し切れなかったようだ。それでも一番低い偏差値で英語が41であった。

 国立情報学研究所によると高得点を収めた数学でも問題文解釈の一部で人の手助けが必要なものもあった。東ロボくんが知らなかった単語もあり、数学辞書や知識ベースの拡充を進めつつ、構文解析や文脈解析の完全な自動化を目指していくという。

 既に中堅私大よりやや下のレベルであれば合格可能だとする声も聞こえてくる。人工知能開発が進むことで私たちの生活は大きく変革されることになるだろう。

東ロボくん、東大入試模試数学で偏差値60…国立情報研究所

《田邊 良恵》

関連ニュース

特集

page top