関西「ダブル発電家」を推進! 大阪ガス「家庭用コージェネ」が販売台数10万台を突破 | RBB TODAY

関西「ダブル発電家」を推進! 大阪ガス「家庭用コージェネ」が販売台数10万台を突破

ブロードバンド その他

関西「ダブル発電家」推進計画サイト
  • 関西「ダブル発電家」推進計画サイト
  • 「1000人の発電家と大沢たかおさんCM共演」イベントのページ
  • 「エネファーム」ラインナップ
  • 「エコウィル」ラインナップ
 大阪ガスは7日、「家庭用ガスコージェネレーションシステム」(家庭用コージェネ)の累計販売台数10万台を達成したことを発表した。家庭用コージェネの累計販売台数が、10万台に達したのは大阪ガスが初だという。

 「家庭用コージェネ」は、都市ガスを使って、給湯・暖房などに加えて発電も行うシステム。高い省エネ性とCO2削減を実現できる分散型エネルギーシステムとして注目されている。大阪ガスでは、家庭用コージェネとして、2003年3月より「エコウィル」、2009年6月より「エネファーム」を販売している。

 10万台の販売によるCO2削減効果は、年間約10万トンで、杉の木約720万本の植林に相当するという。また、最大で約95,000kWの電力ピークカットにも貢献しているとのこと。

 なお、大阪ガスでは、自然エネルギーである太陽光発電と家庭用コージェネを組み合わせた「ダブル発電」の普及にも取り組んでいる。「ダブル発電」では、家庭の使用電力量の約80%が発電できるとともに、家庭用コージェネで発電した電気を優先的に使用するため、太陽光発電で発電した電気の売電量が増加するという。2013年1月からは、関西「ダブル発電家」推進計画をスタート。自宅で電気を作る人たちを「発電家」と表現し、「エネファーム発電家」や「エコウィル発電家」、そして太陽光発電を組み合わせた「ダブル発電家」の輪をどんどん広げていくという計画だ。

 推進リーダーは、大阪ガスのCMにも出演している俳優の大沢たかお氏。現在この計画に賛同している企業は100社にのぼる。

 6月2日には、神戸市六甲アイランドで、1000人の発電家と大沢たかお氏CMの共演イベントを実施。自宅で発電した電気を持ち寄った1000人の発電家が、音楽に合わせて一人1人光の音符を灯し、1つの大きな楽譜を創り上げるという内容。CMは現在放映中で、このイベントの様子を収めたスペシャルムービーが、大阪ガスのサイトで公開されている。

関西「ダブル発電家」推進計画/大阪ガス: http://home.osakagas.co.jp/cp/double/
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top