ソフトバンク株主総会、孫社長「形勢逆転!」と報告……スプリント子会社もディッシュと交渉中止 | RBB TODAY

ソフトバンク株主総会、孫社長「形勢逆転!」と報告……スプリント子会社もディッシュと交渉中止

エンタープライズ モバイルBIZ

ソフトバンク 孫正義社長
  • ソフトバンク 孫正義社長
  • 孫社長とヘッセCEO(2012年10月の記者発表)
  • ソフトバンクの株主総会
 ソフトバンクは21日、東京都内で株主総会を開催。同社の孫正義社長が、米スプリント社の買収に関して、スプリントの子会社クリアワイヤ社の取締役会も米ディッシュ社との交渉を中止したことを報告した。

 スプリント買収を巡っては、先日ディッシュ側がスプリント買収を断念。変わりに、スプリントの子会社クリアワイヤ社の公開買付けをする方針を示し、クリアワイヤ社の取締役会もディッシュ支持を示していた。しかし総会の中で、「今日、先ほど大きな進展がありました」と孫社長が語り、クリアワイヤ社の取締役会がディッシュ支持を撤回し、スプリントとの合併に提案を切り替えると正式に発表したことを報告した。クリアワイヤ社は、ディッシュ社との公開買付け交渉を中止することもあわせて発表したという。

 孫社長は、「形勢逆転!」と喜びを示し、「無事にうまくいけば、7月上旬に買収完了することになると思います。決して油断することはできませんが、我々が大きく前進した」と株主に向け話した。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top