NASA、火星の観測データを公開へ | RBB TODAY

NASA、火星の観測データを公開へ

ブロードバンド テクノロジー

NASA惑星探査データベースwebサイト
  • NASA惑星探査データベースwebサイト
  • マーズ・サイエンス・ラボラトリーの観測機器
アメリカ航空宇宙局(NASA)は6月17日、火星探査機「マーズ・サイエンス・ラボラトリー(MSL)」が2012年11月6日から2013年2月6日までの観測データを「惑星探査データベース(PDS)」で公開すると発表した。MSLのデータ公開は2度目。

MSLは最新の科学機器(カメラ、分光装置、放射線測定装置、環境センサ、大気センサ)を搭載し、火星の地質・大気・環境条件・生命の存在を示す科学的証拠などを調査している。公開する未加工、あるいは派生の観測データはPDSのウェブサイトから閲覧できる。

なお、MSLの観測データはPDSを形成する各グループ(Atmospheres、Planetary Plasma Interactions、Geosciences、Imaging、Navigation and Ancillary Information Facility)に保存される。

NASA、火星探査機「マーズ・サイエンス・ラボラトリー」の観測データを公開

《日下部みずき@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top