【Interop 2013 Vol.44】48Tのコアスイッチ、屋外キャビネット対応のハイエンドルータ……ファーウェイの日本市場戦略は中長期で | RBB TODAY

【Interop 2013 Vol.44】48Tのコアスイッチ、屋外キャビネット対応のハイエンドルータ……ファーウェイの日本市場戦略は中長期で

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

ファーウェイブース
  • ファーウェイブース
  • データセンター用コアスイッチ
  • 48Tを実装したCEシリーズ
  • コアルータ群
  • 屋外キャビネット対応の小型ルータシャーシ
  • NE40E X1/X2のスペック
  • NE40E X8のスペック
  • キャリアグレードのコアルータ
 ファーウェイというと、日本ではモバイルルータや通信モジュールなどで製品をみるくらいだが、グローバルでは光伝送装置やキャリアグレードネットワーク機器のトップベンダーのひとつである。

 同社のブースでは、大規模データセンター向けのスイッチ群やキャリアグレードのコアルータなど多くの製品が展示されている。たとえば、データセンター向けのコアスイッチである「CloudEngine」シリーズのシャーシは最大で48Tbpsの要領を持つ。IPバックボーンなどに利用するハイエンドルータである「NetEngine」シリーズの、屋外無線基地局向けにキャビネットに対応した製品(NE40E-X1/X2)は、スイッチング容量が240Gbps、スループットは360Mbpsという。

 キャリアグレードのコアルータでは、スイッチング容量が7.58Tbps、スループットが5.7Gbpsという製品(NE40E-X8)が展示されていた。

 ブースの担当者によれば、Interopの出展は初めてではないが、ネットワーク機器のベンダーとして今回の展示には力を入れているという。ネットワーク機器を通信事業者向けとエンタープライズ向けの2種類に分けて考えているとのことで、エンタープライズ向けの製品では、一部のデータセンターなどで日本でも採用はあるが、まだ十分ではないと考えているようだ。日本の通信事業者への展開はこれからとなるが、グローバルでのシェアやパフォーマンスの自信はあるので、時間をかけてじっくり市場に受け入れらるようにしたいとのことだ。


★Interopの情報は、イベント情報メディアの「ExpoTODAY」でもチェック可能です。出展社情報ほか、資料ダウンロード、会場マップも展開します。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top