真木よう子、鈴木杏、鶴田真由らが浴衣姿でヒット祈願! | RBB TODAY

真木よう子、鈴木杏、鶴田真由らが浴衣姿でヒット祈願!

エンタメ 映画・ドラマ

真木よう子&大西信満&鈴木杏&鶴田真由&大森立嗣監督/『さよなら渓谷』ヒット祈願@神田明神
  • 真木よう子&大西信満&鈴木杏&鶴田真由&大森立嗣監督/『さよなら渓谷』ヒット祈願@神田明神
  • 真木よう子/『さよなら渓谷』ヒット祈願@神田明神
  • 真木よう子/『さよなら渓谷』ヒット祈願@神田明神
  • 大西信満/『さよなら渓谷』ヒット祈願@神田明神
  • 鈴木杏/『さよなら渓谷』ヒット祈願@神田明神
  • 鶴田真由/『さよなら渓谷』ヒット祈願@神田明神
  • 真木よう子&大西信満&鈴木杏&鶴田真由&大森立嗣監督/『さよなら渓谷』ヒット祈願@神田明神
映画『さよなら渓谷』のヒット祈願イベントが6月10日(月)に東京・千代田区の“縁結びの神”で知られる神田明神で行われ、主演の真木よう子、大西信満、鈴木杏、鶴田真由、大森立嗣監督が出席した。

吉田修一の人気小説を原作に、かつてのある事件で加害者と被害者の関係であったにもかかわらず、内縁の夫婦として同居する男女の間にある“愛”の形を描き出す本作。

出席者は全員、浴衣姿で本堂内で祈祷を受けた。今年初めて、浴衣に袖を通したという真木さんは、涼しげな水色の浴衣で「気持ちがシャンとしますね。女性らしい振る舞いをしなければと思います」とニッコリ。真木さんの浴衣姿の感想を尋ねられた大西さんは「それはもちろん、よく似合ってます(笑)」とちょっぴり硬い表情で語った。

かつての加害者と被害者という関係を演じた真木さんと大西さんだが、共演について真木さんが「大西さんはとにかく真面目で、芝居をしていて信頼できる。セリフが多くなくて、表情や目で訴える部分が多いけど、その目に嘘がない」と絶大な信頼を口にすれば、大西さんも「真木よう子ではなく、(役の)かなこと一緒に過ごした濃い時間でした。真木さんが立つと、そこが原作に描かれている舞台になった」とふり返る。

鈴木さんは、記者の後輩として、鶴田さんは妻として、この日は不在の大森南朋との共演シーンがそれぞれ中心となった。間近で“大森兄弟”のやりとりを目にしたわけだが、鈴木さんは「贅沢な気持ちになりました。見ていてドキドキしてましたね」と述懐。鶴田さんは感情の高ぶりを表現するシーンもあったが、「南朋さんが相手でやりやすかった。きっと大丈夫、付いていけばいいという気持ちでした」とふり返る。さらに2人とも大森監督の作品への再出演を熱烈に希望! 監督は「何で南朋はいないんだ? って感じですよね(笑)」と照れくさそうな表情を見せていた。

真木さんは、椎名林檎のエンディング・テーマ「幸先坂」を歌っているが、「レコーディングは慣れないので緊張しましたし、林檎さんの歌は難しいんです。みなさんが大切に作った映画のエンディングを歌手ではない私が歌っていいものかとプレッシャーもあったけど、かなこの気持ちで歌わせていただきました」と語る。

映画を観て、「最後だけ『あー!』ってなりました。あと2~3回観て慣れたい」と恥ずかしそうに語ったが、それでも完成した作品については「自分で言うのもなんですが、素晴らしい映画になってると思います」と力強く語り自信を覗かせていた。

『さよなら渓谷』は6月22日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top