【Interop 2013 Vol.27】デンマークのNapatechが出展 | RBB TODAY

【Interop 2013 Vol.27】デンマークのNapatechが出展

ブロードバンド ウェブ

Napatechのホームページ
  • Napatechのホームページ
  • Interop Tokyo 2012
 ネットワーク解析アダプタの世界大手ベンダである、デンマークのNapatech社は、Interop Tokyo 2013(6月12~14日、千葉市・幕張メッセ)で、同社のネットワーク解析ソリューションを発表する。

 Napatechは、トンネリングプロトコルおよびオンボードPTPサポート製品を展示すると共に、100Gスループット、およびProcera Networks社、Qosmos社のパートナー各社と共にディープパケットインスペクション(DPI)解析ソリューションのデモンストレーションを実施する予定。Napatechアダプタがネットワーク解析分野の今後のトレンドをどのように導くのかを示すショーケースとなる。

 データスピードと負荷が全世界のネットワーク全体で増大する中、モバイルデータトラフィック、クラウドコンピューティング、モビリティ、ビッグデータ解析の爆発的な拡大に伴うネットワークモニタリングとネットワーク解析の問題点を、Napatechは解決する。

 新しいトンネリングプロトコルのサポートでは、GTPおよびIP-in-IPトンネリングから情報を抽出し、モバイルコアネットワーク上で利用されるアプリケーションやサービスの効率的な解析が可能となる。Napatechアダプタは、フロー分析およびサーバCPUコアへのインテリジェントな処理分散を、トンネルそのものではなくトンネルのコンテンツに基づいて実行する。これによってデータ解析アプリケーションを高速化できる。

 Napatechはさらに、1Gおよび10GアダプタでのオンボードPTPサポート製品についても展示する予定だ。既存のPTPネットワークに直接接続可能というメリットを持つこの機能は、OEMベンダ各社やエンドユーザの皆様とって、クロック同期のインプリメントが容易となる機能だ。

 Napatechの展示ブースでは、今四半期の提供開始が予定されている、上記2つの機能を紹介する。Napatechアダプタ搭載のDell PowerEdge R720を使用した100Gスループットでのゼロパケットロスのデモンストレーションと、Napatechアダプタ搭載の汎用サーバを使用した高性能DPI解析ソリューションを紹介するProcera Networks社およびQosmos社との共同デモンストレーションが実施される。

★Interopの情報は、イベント情報メディアの「ExpoTODAY」でもチェック可能です。出展社情報ほか、資料ダウンロード、会場マップも展開します。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top