GALAXY S4か、iPhone 5か?……スマートフォン選びの比較ポイントは | RBB TODAY

GALAXY S4か、iPhone 5か?……スマートフォン選びの比較ポイントは

 今回は海外で発表されたばかりのサムスン電子製「GALAXY S4」と昨冬モデルながらも根強い人気のアップル製「iPhone 5」をピックアップし、この2機種を比較しながら、スマートフォンのカタログスペックの読み方を解説する。

IT・デジタル スマートフォン
GALAXY S4
  • GALAXY S4
  • iPhone 5
  • OS比較
  • バッテリー比較
  • ディスプレイおよびサイズ比較
  • プロセッサおよびメモリ比較
 スマートフォンも広く普及し、毎シーズン、多くの新製品が発表されるようになった。スマートフォンのヘビーユーザーならば、新製品のスペックを見るだけで、実機に触らないでもどのようなスマートフォンかを想像できるが、しかしスマートフォンが初めての人やあまりコンピュータに詳しくない人は、スペックだけを見てもどのようなスマートフォンか、いまいちわからないことだろう。

 スマートフォンの購入を検討するとき、店頭などで実機を触り、その感触を確かめることは重要だが、店頭に行く前に、まずはカタログに載っているスペックから、どのモデルが自分に適しているか、比較・検討をしておくことが好ましい。

 今回は海外で発表されたばかりのサムスン電子製「GALAXY S4」と昨冬モデルながらも根強い人気のアップル製「iPhone 5」をピックアップし、この2機種を比較しながら、スマートフォンのカタログスペックの読み方を解説する。

■AndroidかiOSか、まずはそこが大きな選択肢

 まずもっとも基本的なところで、GALAXY S4とiPhone 5では、採用するOSに違いがある。GALAXY S4のOSは、さまざまなメーカーのスマートフォンが採用する「Android」、iPhoneのOSは、アップル独自の「iOS」だ。AndroidとiOSにはさまざまな面で違いがあり、単純に比較するのは難しいが、ユーザーにとって大きな違いとなるのは、使えるアプリが違うということだろう。

 GALAXY S4で使えるのはAndroid向けアプリだけで、iPhone 5で使えるのはiOS向けのアプリだけになる。かつてはiOS向けのアプリの方が種類が多いと言われてきたが、最近はAndroid向けアプリもiOS向けと同じくらい充実してきた。高機能な有料アプリはまだiOSの方が充実している傾向があるが、Androidではホームアプリや文字入力アプリといった、システムレベルの基本アプリも追加インストールできるという優位点もある。

 たとえば、スマートフォンを隅から隅まで自分なりにカスタマイズしたい人は、Androidの方がおすすめだ。とくにGALAXYシリーズは、グローバルで広く展開していることから対応アプリも多く、カスタマイズもしやすい。一方のiPhoneは、ハードウェアからOS、コンテンツ配信ストアまでをアップル1社が開発・運営しているため、使い勝手が統一されているが、その反面、アップル製以外のホーム画面を利用できないなど、Androidスマートフォンほどカスタマイズに自由度がない。

 AndroidとiOSはそれぞれに個性や特徴があり、単純に比較するのは難しい。どちらが良いかはユーザー次第なので、自分がどのようにスマートフォンを使いたいか、よく考えながら比較・検討をしよう。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top