インテル、新CEOにクルザニッチ氏……レネイ氏と新体制を構築 | RBB TODAY

インテル、新CEOにクルザニッチ氏……レネイ氏と新体制を構築

エンタープライズ 企業
ブライアン・クルザニッチ氏
  • ブライアン・クルザニッチ氏
  • ポール・オッテリーニ氏
  • レネイ・ジェームス氏
 インテルは3日、ポール・オッテリーニ氏の後任の最高経営責任者(CEO)として、ブライアン・クルザニッチ氏(Brian M. Krzanich)を選出したことを発表した。オッテリーニ氏は5月15日をもって、CEOならびに取締役を退任する予定。

 クルザニッチ氏は、現在52歳で、インテルの最高執行責任者(COO)を勤めている。担当部門は、技術開発・製造技術本部、インテルカスタム・ファウンドリー、NAND事業、人事、IT部門とインテルの中国戦略など。

 5月16日(米国時間)に開催される年次株主総会での承認を得て、新CEOに就任する。同社としては6代目のCEOとなる。グルザニッチ氏は「私はインテルを率いる機会を得て、大変光栄に思います。インテルには、豊富な資源、途方もない才能、そして革新と実行の比類のない実績があります。私は次の時代にインテルをリードし、さらなるモビリティーの世界への迅速な対応を進め、過去の実績を誇りに感じながら、インテルのリーダー達や世界中の従業員と働くことを楽しみにしています」とのコメントを寄せている。

 なお、新社長としてレネイ・ジェームス氏(Renee J. James)の選出も同時に発表された。これについてクルザニッチ氏は「インテルの歴史に新しい一章を始めるにあたり、ルネイとの協力を楽しみにしています。彼女の将来のコンピューティング・アーキテクチャーに対する深い理解と先見性、製品開発と世界最大のソフトウェア組織を率いる幅広い経験は、インテルの強力な資産です」とのコメントを寄せている。

 16日から両氏はインテルの経営にあたる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top