田島優成、“ドタキャン”騒動を謝罪……舞台での汚名返上を誓う 「今まで以上に気を引き締めて」 | RBB TODAY

田島優成、“ドタキャン”騒動を謝罪……舞台での汚名返上を誓う 「今まで以上に気を引き締めて」

エンタメ ブログ

舞台を“ドタキャン”して公演中止となったことを謝罪した田島優成
  • 舞台を“ドタキャン”して公演中止となったことを謝罪した田島優成
  • 残りの舞台で汚名返上することを誓った田島優成のブログ
 出演を予定していた舞台の劇場に現れず急きょ公演中止となったことで話題となっていた俳優の田島優成が、23日に自身のブログを更新して謝罪した。

 田島は「謝罪」と題した23日付のエントリーで、「4月21日の『効率学のススメ』公演中止の件に関しまして、皆様にお詫びを申し上げます」と陳謝。“ドタキャン”した理由については、田島が昼公演と夜公演の時間を間違えていたと所属事務所が明かしているが、「今回のことは、全て私の不注意が原因です」と田島。「本来ならご来場いただいたお客様お一人お一人、ご迷惑をおかけした関係の皆様お一人お一人全員の所に行ってお詫びをすべきところですが、このブログの場をお借りして、皆様にお詫びを申し上げます」と再度謝罪の言葉をつづるとともに、「どのようにお詫びをしても取り返しのつかないことをしてしまったと重々承知の上、皆様にこれ以上のご迷惑をおかけしないためには、残り6回の公演を今まで以上に気を引き締めて、作品の上演に貢献できるよう努めたいと思っています」と、残りの舞台で汚名返上することを誓った。

 ブログの最後で田島は、「また、今回自分の引き起こした失態を深く反省し、俳優として、社会人としての責任の取り方をしっかり考えていく所存です。本当に申し訳ありませんでした」と結んでいる。

 田島は、21日に新国立劇場(東京・渋谷区)で上演予定だった舞台「効率学のススメ」に出演する予定だったが、開演時間までに劇場に現れず、舞台はそのまま中止となった。当初は本人と連絡がつかず、事故や事件に巻き込まれた可能性もあるとして心配されたが、その後、本人が公演時間を間違えたことが明らかとなった。
《花》

関連ニュース

page top