「クラウドゲームサービスで10万人を早い時期に獲得」……NTTぷらら 板東社長 | RBB TODAY

「クラウドゲームサービスで10万人を早い時期に獲得」……NTTぷらら 板東社長

エンタープライズ 企業

NTTぷららの板東浩二社長
  • NTTぷららの板東浩二社長
  • NTTぷらら板東社長
 NTTぷららは17日、都内の本社で開催した事業戦略発表会において、クラウドゲームサービス「ひかりTVゲーム」の開始をアナウンスした。同社では2014年3月時点での会員数300万人を目標としており、会員獲得へ向けてのドライバーとする考えだ。

 専用ゲーム機が不要で、ソフトの購入やダウンロードも不要。光回線を使ってストリーミング配信されたゲーム画面をコントローラやスマートフォンアプリで操作する。月額525円で約50タイトルが楽しめる。

 ここでは、代表取締役社長 板東 浩二氏と報道関係者とのやりとりを紹介する。

■ゲームサービスの事業に対するインパクトについてはどうか?数値としてどれくらいを見込んでいるのか?

ヨーロッパでは仏大手通信のSFRがクラウドゲームサービスを行い、2年間で40万人の会員を集めている。我々も、できればそれくらいのペースでいければいいかなと思っている。ただ、SFRと我々のやり方は違うところもあるので、当面はできるだけ早い時期に10万人を集めたい。合わせて、プラットフォームを他にも提供することを考えてきたい。それにより、ユーザーも増やしていく

■コンテンツのラインナップの展開は?

(今回発表した)コナミやトミーといったパブリッシャーと組んで、独自のゲームも作っていきたい

■専用のコントローラは必要?

必要だ。スマホとかリモコンで操作できるクラウドゲームもあるが、(それらは)むしろ少なくて、基本はコントローラを配って使っていただく形だ。

■クラウドゲームは複数人数参加で、別の地域で、しかも同時参加という形で楽しむことも可能なのか?

6月3日から提供するゲームのなかには入っていないが、将来的には可能だと思う。

■今回のサービスによってARPUは上がるのか?

秋以降は新作のゲームなど個別に課金していくということも考えている。それによりARPUは上がるだろう

■ゲームだけで加入もできるのか?

加入できる

■500円だけで、とりあえずゲームだけを楽しむという人もでてくるのか?

そうだ。約500円でゲーム代を払っていただき、あとはSTBのレンタル料500円。合計毎月約1,000円払っていただければ、30~50本のゲームを毎月お楽しみいただける。(市場で販売されている)ゲーム機はそんなに安くないし、ソフトも高い。それが毎月500円(年間にすると6,000円)で楽しめるというのは、かなりお得感がでるのではないか?

■そういう人たち(ゲームだけでひかりTVを楽しむ人)も会員としてカウントしていくのか?

その通りだ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top