IIJ、外気冷却を利用するコンテナ型データセンターモジュール「co-IZmo」を開発 | RBB TODAY

IIJ、外気冷却を利用するコンテナ型データセンターモジュール「co-IZmo」を開発

エンタープライズ ハードウェア

IZmoとco-IZmoの比較
  • IZmoとco-IZmoの比較
  • 松江データセンターパーク 拡張工事完了後の予想図
 インターネットイニシアティブ(IIJ)は8日、「松江データセンターパーク」に現在設置しているコンテナ型データセンターモジュール「IZmo(イズモ)」を小型化した「co-IZmo(コイズモ)」を新たに開発したことを発表した。

 IIJが従来採用していたコンテナ型データセンターモジュールは、サーバ等の機器を収容する「IZmo」と、その機器を冷却するための空調モジュールに分かれていた。今回、外気冷却機能を内蔵した小型コンテナ型データセンターモジュール「co-IZmo」を開発、実証実験を実施する。この実験では、4月からの1年間、外気冷却のみを利用した運用を通して、小規模用途のコンテナ型データセンターの商用化に向けた検証を行う。

 現行のIZmoと空調モジュールでは、サーバの温度・湿度を一定に保つために、夏期は冷房設備(チラー)、冬期は加湿器を利用している(pPUEの年間平均実測値:1.17)。co-IZmoではチラーや加湿器を使わず、年間を通して外気のみで温度・湿度管理を行うことを目指す。これによりpPUE1.0台に下がると予測される。またco-IZmoは、1台の20フィートコンテナ(ISO規格)のなかに、必要なIT機器と空調機能をモジュールとして一体化させ収めているため、より設置が容易になる見込みだ。

 なお、自社のクラウドサービス「IIJ GIOサービス」のファシリティとして、2011年4月に島根県松江市に開設された「松江データセンターパーク」について、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001認証を、2013年3月26日付で取得したこともあわせて発表された。4月18日からは施設の拡張工事に着手する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top