NTTデータ イントラマート、エンタープライズクラウド「Accel-Mart」を発表 | RBB TODAY

NTTデータ イントラマート、エンタープライズクラウド「Accel-Mart」を発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

Accel-Martの提供サービス
  • Accel-Martの提供サービス
  • 参考価格
  • 「Accel-Mart」ロゴ
  • 画面作成ツール「IM-FormaDesigner」
  • クラウドサービスの統合/ オンプレミスとの統合
 NTTデータ イントラマートは27日、エンタープライズ向けのクラウドサービス「Accel-Mart(アクセル・マート)」を発表した。5月より試験運用サービスを提供開始し、6月から本番稼働を予定している。

 「Accel-Mart」は、昨年10月にリリースしたシステム基盤「intra-mart Accel Platform(iAP)」をPaaS(Platform as a Service)としたクラウドサービス。実行基盤、開発基盤、およびiAP上で開発されたパッケージ群を低コストで早期提供することが可能。

 企業が必要とする「情報蓄積(文書管理、検索エンジン等)」「情報分析(BI等)」「業務統制(ワークフロー、ルールエンジン等)」「業務改善(BPM等)」をキーワードとした機能群を備えているほか、オンプレミスのハイブリッド連携も簡単に可能となっている。

 本年度提供のアプリケーションとしては、グループウェアとソーシャル機能が充実した新しいコラボレーション製品「intra-mart Accel Collaboration」、使い勝手の良い全社規模の文書管理システム「intra-mart Accel Documents」(開発元:富士ゼロックス)、経費・旅費などのワークフローシステム「intra-mart Accel皆伝!」(開発元:スミセイ情報システム)、グローバルで利用できる購買調達システム「intra-mart Accel FAST購買(仮称)」(開発元:TIS)が予定されている。

 従業員規模および搭載バージョンによるさまざまなラインアップが用意されている。価格は、Advanced版搭載のTiny(100人以下想定)で175,500円など。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top