富士通、スマホ/PCのカメラで脈拍を計測する技術を開発……顔を撮影し最短5秒 | RBB TODAY

富士通、スマホ/PCのカメラで脈拍を計測する技術を開発……顔を撮影し最短5秒

 富士通研究所は18日、スマートフォンやタブレット、パソコンなどの内蔵カメラやWebカメラで撮影した顔の画像から、リアルタイムに脈拍を計測する技術を開発したことを発表した。

ブロードバンド その他
脈拍検出の様子
  • 脈拍検出の様子
  • 一日を通しての脈拍の抽出・記録のイメージ
  • ヒューマンセントリック・コンピューティングによる健康支援サービス提供の仕組み
 富士通研究所は18日、スマートフォンやタブレット、パソコンなどの内蔵カメラやWebカメラで撮影した顔の画像から、リアルタイムに脈拍を計測する技術を開発したことを発表した。

 血液の“ヘモグロビン”が緑色の光を吸収する特性を利用することで、顔表面の輝度変化を捉えて脈拍を検出するという。カメラで顔を撮影するだけで、脈拍数を最短5秒で算出可能。さらに、取得した脈拍データから、顔や身体の動きによって影響を受けている個所のデータは、自動的に除去する。たとえば、電話中に顔が横を向いた場合や、離席した場合などの動きを検出して、その期間のデータを自動的に除去することにより、一日を通して、ノイズの影響を抑えた脈拍の継続的な計測が可能となる。

 本技術により、脈拍計測のための専用の計測機器の装着や機器の操作が不要となり、煩わしさなく脈拍の継続的な計測が可能となる。テレビの前でくつろいだり、鏡の前で身だしなみを整えたりしているときにもカメラが備わっていれば自動的に脈拍の計測が可能だという。ゲートでの脈拍検出を通して、体調不良の人や不審な動きをする人の抽出などセキュリティ面での応用も期待されており、今後2013年度の実用化を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top