東京メトロ、駅コンコースデジタルサイネージを初導入……銀座、表参道、新橋、秋葉原でスタート | RBB TODAY

東京メトロ、駅コンコースデジタルサイネージを初導入……銀座、表参道、新橋、秋葉原でスタート

エンタープライズ ハードウェア

銀座駅 イメージ
  • 銀座駅 イメージ
  • 秋葉原駅の設置例
  • 媒体概要
  • 販売料金
  • 設置駅 利用者データ
 東京メトロとメトロアドエージェンシーは13日、駅構内のコンコースにデジタルサイネージを配置し多面展開することを発表した。駅コンコースデジタルサイネージ導入はメトロ初とのこと。

 4月15日より、銀座駅、表参道駅、新橋駅、秋葉原駅の4駅で、計41面のコンコースデジタルサイネージ「Metro Concourse Vision(MCV)」による広告配信を開始する(4月1日より放映試験を実施予定)。コンコースデジタルサイネージは、乗客の動線に沿うよう連続する柱へ設置し、ネットワーク化させた広告媒体だ。曜日別、時間帯別(1時間ごと)での広告放映なども可能。

 配置数は、銀座駅(16面) 表参道駅(5面) 新橋駅(8面) 秋葉原駅(12面)。動画および静止画に対応し、放映時間は5:00~24:00となる。今後は、駅ホームビジョンの「M Station Vision(MSV)」や順次拡大中の車内ビジョン「Tokyo Metro Vision(TMV)」に加え、MCVを拡大していく計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top