東芝、「ハローキティ」USBメモリ&SDHCカード……今後も“キャラメモリ”を展開 | RBB TODAY

東芝、「ハローキティ」USBメモリ&SDHCカード……今後も“キャラメモリ”を展開

 東芝は4日、ハローキティをデザインしたSDHCカードとUSBメモリを発表した。発売はSDHCカードが3月9日から順次、USBメモリは5月の予定。

IT・デジタル 周辺機器
ハローキティをデザインしたUSBメモリ「UKT-A008G」
  • ハローキティをデザインしたUSBメモリ「UKT-A008G」
  • SDHCカードは4GBと8GBの2種類
 東芝は4日、ハローキティをデザインしたSDHCカードとUSBメモリを発表した。発売はSDHCカードが3月9日から順次、USBメモリは5月の予定。

 “ハローキティモデル”のラインナップは、USBメモリ「UKT-A008G」、容量4GBのSDHCカード「SD-H04GKT」、容量8GBの「SD-H08GKT」の3製品。価格はオープンで、予想実売価格は「SD-H04GKT」が2,000円前後、「SD-H04GKT」が1,300円前後、「SD-H08GKT」が2,000円前後。

 「UKT-A008G」は、ハローキティの筐体にUSBコネクタが付いているUSBメモリ。容量8GBで、対応OSはWindows XP/Vista/7/8、Mac OS X 10.0.2以降。本体サイズは幅21mm×奥行43mm×高さ36mm、重量は約10g。

 SDHCカードは、表面にハローキティのイラストをプリント。「SD-H04GKT」は容量4GBでClass4準拠、「SD-H08GKT」は容量8GBでClass10準拠。「SD-H04GKT」は20,000枚の限定となる。

 これらは東芝とサンリオとのコラボレーション第一弾製品。今後はハローキティ以外にもさまざまなキャラクターがデザインされたメモリ製品の発売を予定しており、女性向けのラインナップを拡充していくという。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top