「NOTTV」、ドコモ春モデル登場で全23機種に!……コンテンツ充実、放送エリア拡大で契約数も堅調 | RBB TODAY

「NOTTV」、ドコモ春モデル登場で全23機種に!……コンテンツ充実、放送エリア拡大で契約数も堅調

 NTTドコモは22日、2013年春モデル新商品発表会を開催。スマートフォン・タブレット11機種、モバイルWi-Fiルーター1機種を発表した。スマホ向け放送局「NOTTV(ノッティーヴィー)」対応端末も新たに6機種が追加され、同サービスの対応端末は23機種となった。

IT・デジタル スマートフォン
ドコモタブレット「Xperia Tablet Z SO-03E」
  • ドコモタブレット「Xperia Tablet Z SO-03E」
  • 「Optimus G Pro L-04E」
  • ドコモ2013年春モデルラインナップ
  • 「ARROWS X F-02E」
  • 「Optimus G Pro L-04E」
  • 「ELUGA X P-02E」
  • 「Ascend D2 HW-03E」
  • 「MEDIAS X N-04E」
 NTTドコモは22日、2013年春モデル新商品発表会を開催。スマートフォン・タブレット11機種、モバイルWi-Fiルーター1機種を発表した。今春モデルのスマホ・タブレットは10機種がAndroid 4.1搭載、5機種がフルHDディスプレイ、9機種がクアッドコアCPUを搭載するなどハイスペックなラインナップとなったが、スマホ向け放送局「NOTTV(ノッティーヴィー)」対応端末も新たに6機種が追加された。これで同サービスの対応端末は23機種となる。

■最新6機種が「NOTTV」に対応。注目はフルHDディスプレイモデル

 新たに追加された「NOTTV」対応端末は、docomo with series「MEDIAS X N-04E」、docomo NEXT series「ELUGA X P-02E」「ARROWS X F-02E」「Ascend D2 HW-03E」「Optimus G Pro L-04E」、そしてドコモタブレット「Xperia Tablet Z SO-03E」。

 この中で注目なのは、やはりドコモスマートフォンとして初めて1080×1920ドットのフルHDディスプレイを搭載した3機種だろう。今回、「ELUGA X P-02E」、「ARROWS X F-02E」、「Optimus G Pro L-04E」が5インチのフルHDディスプレイを搭載。また、タブレット端末「Xperia Tablet Z SO-03E」もフルHD映像に対応した1920×1200ドットの10.1インチディスプレイを搭載し、高精細映像を楽しめるようになった。これら4機種はいずれもクアッドコアCPU、2GBのRAMを搭載するなど、十分な処理能力も持っている。

 「ELUGA X P-02E」は5インチ大画面ながら、横幅68mmのスリムなラウンドフォルムを実現し、ビエラで培った高画質技術「モバイルPEAKSエンジン」搭載で高精細映像をさらに鮮やかに描写する。「NOTTV」のバージョンアップに対応し、モバキャス外部ロッドアンテナを付属。同アンテナを付ける事で受信感度がUPするという。調理家電やヘルスケア商品などパナソニックのスマート家電との連携も特徴の一つ。「ARROWS X F-02E」は1.7GHzクアッドコアCPU、1630万画素裏面照射型CMOSカメラ搭載と、スペックでは頭一つ抜けている印象。屋外でも見やすいSuper Clear Panel搭載で、屋外での視聴にも強い。富士通ならではの「スマート指紋センサー」、通話相手の声を聞きやすくする「スーパーはっきりボイス4」などの使いやすさにこだわった機能も進化している。

 「Optimus G Pro L-04E」は、こちらも1.7GHzクアッドコアCPUを搭載し、高い処理能力が特徴。複数のアプリを同時に表示し、「ながら操作」が可能となっている。バッテリーも大容量3,000mAhを搭載し急速充電にも対応。インカメラとアウトカメラを同時に録画可能な機能を日本初搭載するなど、ユニークな使い方も提案している。「Xperia Tablet Z SO-03E」は、何よりも、6.9mmという薄さ、約495gという軽さが最大の特徴。NOTTVなどの映像をみながら、インターネットで出演者情報を調べられるなど、使い勝手も良い。ソニー独自のバーチャルサラウンド技術「S-Force フロントサラウンド 3D」により、臨場感のある音が楽しめる。

 フルHDディスプレイ搭載ではないものの、4.7インチ有機ELディスプレイ搭載で、目に優しいブルーライトカットモードを備えた「MEDIAS X N-04E」、国内最速112.5Mbpsに対応した「Ascend D2 HW-03E」も、クアッドコアCPUを搭載するなどスペック的には申し分ないだろう。

 最新6モデルも追加され、当初少ない印象もあった対応端末が充実してきた「NOTTV」。肝心の番組・コンテンツについても、注目のものを幾つか紹介したい。

■注目番組・コンテンツも多数

 『AKB48のあんた、誰?』は、毎週月曜から金曜の17:00~18:00に、東京・秋葉原にある「AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA」にて公開生放送されている番組。「私たちこう見えてAKB48なんです!」、そんな思いを秘めたメンバーたちがファンの目の前でさまざまな企画に挑戦しながら個性をアピールしていく内容となっている。持ち時間1分で自身の魅力をアピールしながら番組の見所も紹介する「新チャンスの順番」はシフトタイムでも放送中。

 『東京ガールズコレクションTV』は、毎週土曜15:00~16:00の放送。その名の通り、TOKYO GIRLS COLLECTIONとコラボしたファッションニュース満載の番組で、テーマは「SNAP!」。TGCオフィシャルサポーターの広海・深海が人気モデルやスタイリストなど豪華ゲストをスタジオへ迎え、ファッションコーデやメイク、私服やプライベートなど必見の情報を発信する。視聴者からのSNAP投稿コーナーでは、スペシャルアドバイスを出演者全員で行う。

 人気のスポーツコンテンツである『欧州サッカー』は、日本人選手所属チームや強豪チームを中心に注目試合を毎節生中継および録画中継し、シーズン終了まで放送予定。「UEFAチャンピオンズリーグ12/13」、「UEFAヨーロッパリーグ12/13」はグループステージから決勝トーナメントまで毎試合をオンエアする。また、ドイツ国内リーグ「ブンデスリーガ12/13シーズン」についても毎節2試合の注目カードを放送。

 その他、以前も紹介したが、公開中の映画「ONE PIECE FILM Z」にあわせてONE PIECEの映画10作品や、オリジナル番組「ワンピース・サミット」を放送中。1月からは、EXILEに密着し、意外な素顔をファイル化していくドキュメント・バラエティ「EXFILE(エックスファイル)」もスタートするなど、バラエティに富んだコンテンツが揃っている。

 「NOTTV」ではこうしたデバイスおよびコンテンツの充実、さらに放送エリアの拡大などもあり、開局から281日目の1月6日に契約者数が50万人を突破したとのこと。今後も対応デバイス、コンテンツ、放送エリアの充実を積極的に進めていくとしている。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top