マネージドサービス向けのセキュリティオプション機能がIPv6へ標準対応 バリオセキュア | RBB TODAY

マネージドサービス向けのセキュリティオプション機能がIPv6へ標準対応 バリオセキュア

ブロードバンド セキュリティ

バリオセキュア・ネットワークス株式会社(バリオセキュア)は12月26日、「VSRマネージドセキュリティサビス」と「VMRマネージドネットワークサービス」においてIPv4にて提供するセキュリティオプション機能のIPv6対応を完了し、2013年1月4日よりIPv4/IPv6両環境に標準対応したサービスとして提供を開始すると発表した。

同社では、 マネージドセキュリティサービスとマネージドネットワークサービスにおけるIPv6対応を、ルータ、ファイアウォールとVPN機能を先行してサービス提供してきた。今回、同サービスにおけるIPv6への標準対応により、各セキュリティ機能と運用・保守体制、管理者用コントロールパネルによるレポーティング機能まで、IPv6環境のセキュリティ対策をよりシンプルに実現するサービスとして利用することが可能となった。

マネージドサービス向けのセキュリティオプション機能がIPv6へ標準対応(バリオセキュア)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top