燃焼系ヒーロー続編『ゴーストライダー2』……CGなのにメイク[動画] | RBB TODAY

燃焼系ヒーロー続編『ゴーストライダー2』……CGなのにメイク[動画]

エンタメ 映画・ドラマ

『ゴーストライダー2』 (C) 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Right Reserved.
  • 『ゴーストライダー2』 (C) 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Right Reserved.
  • 『ゴーストライダー2』 (C) 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Right Reserved.
 悪魔も恐れる燃焼型ヒーロー、“ゴーストライダー”が戻ってきた! 地獄ヘルバイクが2013年2月8日より走り出す。同じマーベルコミックのオールスター映画『アベンジャーズ』の枠には決して収めることができない、地上最強のダークヒーローはどのように作らたれか。

 映画『ゴーストライダー2』の見どころを、主演:ニコラス・ケイジらが紹介する。今回、監督(マーク・ネヴェルダイン&ブライアン・テイラー)が最もこだわった点は、前作ではスタントが演じていたゴーストライダーをケイジ本人が演じることだ。新たなキャラクターの構築にあたり、ケイジと2人の監督が苦心したのが悪の精霊の描写方法だった。

 ケイジは「テイラーと僕がまず思いついたのは、古代エジプトの王、ファラオだった」という。「絶対的な君主で他者を寄せ付けないようなイメージだね。それに動物的な雰囲気も取り入れたかった。以前、コブラを飼っていたことがあって、特徴的な動作が印象に残っていたんだ。その相手を幻惑させるような動きを取り入れている」。

 完成した映画では、CG処理で炎に燃えたドクロになるため、ゴーストライダーに変身したケイジの表情を見ることはできないのだが、彼は自らデザインしたドクロのようなメイクを施し、目を真っ黒に見せるコンタクトレンズを装着して撮影に臨んだ。

 なぜCGに置き換えられてしまう顔に、手の込んだメイクが必要だったのか? 共演者のリアクションを引き出すためである。ケイジはこう語っている。「ゴーストライダーはいわば堕天使だ。恐怖を与える存在でなければならない。“その男はジョニー・ブレイズではない”と、僕自身と共演者をストーリーにのめり込ませるために必要だったんだ」

 共演のヴィオランテ・プラシドも「現代の俳優は後に合成されるCGをイメージしながら演技することにも慣れているわ。でも、本物には勝てないの。あのメイクの効果は絶大だったわ。彼が別人に見えたもの」と話している。同じく共演のキアラン・ハインズもこのメイクについて「ニコラスが雄叫びを上げるシーンがあるんだ。彼の方を振り返った時に目に飛び込んだ表情に、まるで別世界のもののような強い力を感じたね」と効果を語る。

<STORY> 父親を死から救うため悪魔と契約した男、ジョニー・ブレイズ。しかし彼は自らの内に巣食う悪魔=ゴーストライダーに苦しんでいた。そんな折、彼に依頼が入る。ある“運命を背負った少年”を助ければ、彼が受けた呪いを解くという。2013年2月8日、丸の内ピカデリーほか日本全国ロードショー。


(C) 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Right Reserved.
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top