“エア・ビューティー家電”で寝ながらビタミンCを浴びる…「ビタミンシャワー2」新発売 | RBB TODAY

“エア・ビューティー家電”で寝ながらビタミンCを浴びる…「ビタミンシャワー2」新発売

エンタメ その他

代表取締役社長 上野真弓氏とビタミンシャワー2
  • 代表取締役社長 上野真弓氏とビタミンシャワー2
  • 代表取締役社長 上野真弓氏
  • 空気の質にこだわる
  • エア・ビューティー家電
  • ニュー ボーン ビタミンC
  • Vitamin Shower2(ビタミンシャワー2) ブラック
 アンティバックジャパンは12月13日、都内にて「浴びるビタミンC」をコンセプトにした健康・美容家電「Vitamin Shower2(ビタミンシャワー2)」の新製品発表会を開催した。

 同商品は、ビタミンCを「空気中に放出する」というだけでなく、インテリアとしても活用できる健康・美容家電。ビタミンCが補給できない睡眠中での使用がメインで、オフィスやリビングなどの様々なシーンでも活用できる。

 同社は2007年に立ち上げた会社。当初から5年間は「ミストで空気を洗う」という発想の空気洗浄システム「マジックボール」のみを販売してきた。その「マジックボール」の次なる商品として開発された「ビタミンシャワー」が7月に販売され、今回「ビタミンシャワー2」として、新製品が発表された。

 同社の代表取締役社長、上野真弓氏は、「マジックボールだけを売って5年間やってきた。お陰様で累計は50万台になり、販売店で売られているほか、一部公共機関にも設置されている」と述べ、さらに「空気をきれいにするマジックボールが売れて、次に考えたのが空気の質を高めようということ。そこで作ったのがビタミンシャワー」と、ビタミンシャワーを開発するに至った経緯を話した。

 また、「空気に着目して事業を行なっている。健康においては、食べ物・飲み物に気を付けると思うが、(からだが)何を一番取り込んでいるかというと、空気だったりする。約85%が空気で、食べ物・飲み物は15%程度にしかならない。そこに着目して空気洗浄事業をおこなっている」と空気に着目している理由を述べた。

 同商品で放出されるビタミンCは、ニュー ボーン ビタミンCと呼ばれ、ビタミンシャワー専用液である「Vitamin Shower Solution(ビタミンシャワー ソリューション)」に含有されている。高品質の食品および化粧品原料の開発・製造を手掛けるGrow社との共同開発によって生まれた、食物から抽出したアスコルビン酸を柑橘類の濃縮物に混ぜ合わせ培養したビタミンCで、食物に含まれる天然のビタミンCに極めて近い組成をしている。このビタミンシャワー ソリューションを独自の技術でミスト化して放出することで、「浴びるビタミンC」を実現している。

 ビタミンCは、健康や美容に作用をもつ成長ホルモンの分泌を促すといわれている。そのビタミンCを、成長ホルモンの分泌が活発な睡眠中に摂取することができるため、同社はビタミンシャワーについて「究極のエア・ビューティー家電」と表現している。

 今回の新製品「ビタミンシャワー2」では、より高く、勢いよくミストを放出することが可能になり、また、放出時間は約6時間で、従来モデルより長時間ビタミンCを浴びることができるようになった。同時に、従来のビタミンシャワー ソリューションの3倍のニューボーン ビタミンCを含有する「Vitamin Shower Solution 300%(約2週間分、15本で4,935円)」も「ビタミンシャワー2」でのみ利用できる。「ビタミンシャワー2」の価格は37,800円。カラーはホワイトとブラックの2色展開となっている。
《ダイエットクラブ編集部》

関連ニュース

特集

page top