JVCケンウッド、無線LAN搭載でスマホからも操作できるビデオカメラ「Everio EXシリーズ」など5機種 | RBB TODAY

JVCケンウッド、無線LAN搭載でスマホからも操作できるビデオカメラ「Everio EXシリーズ」など5機種

IT・デジタル デジカメ

「GZ-EX370」/「GZ-EX350」
  • 「GZ-EX370」/「GZ-EX350」
  • 「GZ-E345」
  • 「GZ-E325」/「GZ-E320」
  • 別売りのパンクレードルを装着したイメージ
 JVCケンウッドは12日、JVCブランドのフルHDビデオカメラ「Everio」2シリーズ5モデルを発表した。販売開始は12月下旬。価格はオープン。

 ラインナップ/予想実売価格は、無線LAN搭載「EXシリーズ」の32GBメモリ内蔵モデル「GZ-EX370」が60,000円前後、16GBモデル「GZ-EX350」が55,000円前後、無線LAN非搭載「Eシリーズ」は、16GBモデル「GZ-E345」が50,000円前後、8GBモデル「GZ-E325」が45,000円前後、同じく8GBモデル「GZ-E320」が40,000円前後。

 「EXシリーズ」は無線LAN内蔵モデル。PCとWi-Fi接続し、記録した映像をPC内にワイヤレスで保存できる「ワイヤレスワンタッチバックアップ機能」を搭載。専用アイコンをワンタッチするだけの簡単操作で映像をPCにバックアップすることが可能。

 スマートフォンやタブレット端末で遠隔操作できるモニタリング機能も進化した。専用アプリ「Everio syncync2」をインストールすることで、電源を自動でONにしたり、パワーセーブモードにしたりできる。別売りのパンクレードル「CU-PC1」の遠隔操作も可能だ。

 背面のディスプレーは3型23万画素液晶。撮像素子は1/5.8型251万画素(有効229万画素)の裏面照射型CMOSセンサーを搭載。光学40倍ズームを備えるほか、画質劣化を抑えつつも最大60倍ズームが可能な「ダイナミック60倍ズーム」も搭載する。レンズの焦点距離は動画撮影時で40.5~1,992mm(35mmフィルム換算、ダイナミックズーム・オフ時)、静止画撮影時で40.5~1,620mm(35mmフィルム換算、アスペクト比16:9時)、40.5~1,980mm(アスペクト比4:3時)、記録方式は動画がAVCHD、静止画がJPEG。

 本体サイズは幅50mm×奥行119mm×高さ57mm(突起部含む)、重量は本体のみで約200g、付属バッテリー装着時で約240g。

 「Eシリーズ」は、無線LANを内蔵しないモデル。GZ-E345/E325の上位2機種は、新「ダイジェスト再生機能」に対応し、HDMIケーブルが付属する。背面のディスプレーは3型23万画素液晶。撮像素子は1/5.8型251万画素(有効229万画素)の裏面照射型CMOSセンサー、光学ズームは40倍、35mm換算の焦点距離は40.5~1,992mm(動画撮影時/ダイナミックズームオン時は~2,739mm)。SD/SDHC/SDXCスロットを装備する。

 本体サイズは幅50mm×奥行119×高さ57mm(突起部含む)、重量は本体のみで約195g、付属バッテリー装着時で約225g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top