Windows用セキュリティソフトをサービスへ刷新 キヤノン電子 | RBB TODAY

Windows用セキュリティソフトをサービスへ刷新 キヤノン電子

ブロードバンド セキュリティ

キヤノン電子株式会社は12月10日、ハッカーによる標的型攻撃から企業の情報資産を守るWindows用セキュリティソフト「SML セキュリティスイート」と「SML セキュリティスイート with FFR yarai」を2013年1月より販売開始すると発表した。同社ではこれまで、セキュリティソフトウェア「SML(Security Management with Logging)」を開発・販売し、企業内部からの情報漏えいを防止する製品およびサービスを提供してきたが、今回SMLと株式会社フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)の「FFR yarai」を機能連携させ、内部漏えい・外部攻撃両面からのセキュリティ対策機能を備えた、全方位型の次世代エンドポイントセキュリティソフト・サービスへと進化させた。

「SML セキュリティスイート」は、従来のSML機能(操作ログ記録、デバイス制御、PC利用時間制御など)に新しく「ホワイトリスト方式のコンピュータ制御機能」を加え、許可されたアプリケーションや通信操作だけを可能にし、未知のマルウェアや許可されていないアプリケーションの実行を標準で禁止する。「ホワイトリスト自動生成機能」を搭載することも特徴。「FFR yarai」と機能連携した「SML セキュリティスイート with FFR yarai」では、マルウェアの検知・ブロックだけでなく、SMLの「PC操作記録」機能と連携することで検知したマルウェアがコンピュータにどうやって侵入してきたか、マルウェアの行動を逆探知し、経路を突き止める機能を提供致する。これにより、システム管理者は自社がどのように外部攻撃を受けているか広い視点で認識し、より広範囲で効果的なセキュリティ対策を施すことができるようになる。

Windows用セキュリティソフトをサービスへ刷新、「FFR yarai」との連携も(キヤノン電子)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top