安めぐみ「旦那さんの免許証を見て初めて知った」……臓器移植 | RBB TODAY

安めぐみ「旦那さんの免許証を見て初めて知った」……臓器移植

 日本臓器移植ネットワークは、アステラス製薬の支援のもと、臓器移植の普及啓発を図る「グリーンリボンキャンペーン」を全国で展開する。

エンタメ フォトレポート
安めぐみ「旦那さんの免許証を見て初めて知った」……臓器移植
  • 安めぐみ「旦那さんの免許証を見て初めて知った」……臓器移植
  • 安めぐみ「旦那さんの免許証を見て初めて知った」……臓器移植
  • 安めぐみ「旦那さんの免許証を見て初めて知った」……臓器移植
  • 安めぐみ「旦那さんの免許証を見て初めて知った」……臓器移植
  • 安めぐみ「旦那さんの免許証を見て初めて知った」……臓器移植
  • 安めぐみ「旦那さんの免許証を見て初めて知った」……臓器移植
  • 安めぐみ「旦那さんの免許証を見て初めて知った」……臓器移植
  • 安めぐみ「旦那さんの免許証を見て初めて知った」……臓器移植
 日本臓器移植ネットワークは、アステラス製薬の支援のもと、臓器移植の普及啓発を図る「グリーンリボンキャンペーン」を全国で展開する。

 この一環として16日、東京ミッドタウンで「グリーンリボンドライバー宣言」のPRイベントが行なわれ、タレントの安めぐみさんが登壇。「家族や大切な人たちに、(臓器提供への)自分の意思を伝えることが大切」とコメントした。

 臓器移植普及推進月間である10月。10月16日は、臓器移植法が施行された日でもあり、グリーンリボンDAYと位置づけられている。「グリーンリボンドライバー」とは、運転免許証の裏面の「意思表示欄」に、臓器提供の意思表示をしている人たちのことをいい、今後はクルマに貼る「グリーンリボンドライバー・ステッカー」の全国での配布や、「免許証のウラを見てみよう」をキーワードとしたポスター掲出など、さまざまなキャンペーンを展開するという。

 イベントに参加した安さんは「旦那さん(東貴博、東MAX)の免許証の裏面に意思表示の記入欄があったのを見て、はじめて(臓器提供について)知って、『ちゃんと考えなきゃいけないね』と話し合いました。普段の生活のなかであまり意識しないことなので、これを機会にお互いの意思を知ることが大切だと思いました」と語った。

 今後、免許証裏面に意思表示をすることを訴求するため、都内や大阪などのタクシーにグリーンリボンドライバー・ステッカー(3万枚)を貼ったPRや、東京メトロや自動車教習所などでの弘兼憲史さん書き下ろしイラストによるポスターの掲出、「グリーンリボン ランニングフェスティバル」(10月21日開催)などが行われる。
《大野雅人》

関連ニュース

page top