【ソフトバンク冬春】TVにスティックを挿すだけで映画・ドラマを楽しめる「スマテレ」発表 | RBB TODAY

【ソフトバンク冬春】TVにスティックを挿すだけで映画・ドラマを楽しめる「スマテレ」発表

エンタープライズ モバイルBIZ

「スマテレ」ロゴ
  • 「スマテレ」ロゴ
  • 「スマテレ」利用イメージ
  • サービス一覧
 ソフトバンクモバイルは9日、専用スティックを挿すだけで、新作映画など約40,000本の映像作品や、専門チャンネルなどがテレビで視聴できる「SoftBank SmartTV」(スマテレ)を発表した。12月上旬以降に提供を開始する。

 「スマテレ」は、映像配信サービス「TSUTAYA TV」の新作映画など約40,000本の映像作品、多チャンネルサービス「BBTV NEXT」の50以上の専門チャンネル、無料映像配信サービス「GyaO!」の2,000本の映像作品など、高画質なHD映像コンテンツ(最大1,080i)をテレビで楽しめるサービス(サービス開始時は300本程度)。利用料金はソフトバンク携帯電話の利用料金とまとめて支払うことが可能。HDMI端子およびUSB端子(電源用)に対応したテレビで利用できる。

 自宅で利用中の固定ブロードバンドのWi-Fi環境の下で、専用スティックを挿したテレビを、ソフトバンクモバイルのスマートフォンにインストールした専用リモコンアプリで操作する。専用スティックが操作情報を受信し、テレビ側のメニュー画面が連動して動作。メニュー画面から視聴したい映像コンテンツを選択すると、固定ブロードバンドから映像コンテンツがWi-Fiで専用スティックに配信され、ストリーミング形式で再生される。

 利用料金は月額490円(「TSUTAYA TV」「BBTV NEXT」は別途利用料金が必要)。iPhone、iPad、SoftBankスマートフォンに対応する。

 なお、サービス開始から2013年3月31日の期間に「スマテレ」を申し込んだ場合、「TSUTAYA TV」で利用できるポイントが毎月400ポイント(1円/ポイント)、加入から1年間プレゼントされる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top