タブレット端末、1位iPadは「シェア61.5%」……MM総研調べ | RBB TODAY

タブレット端末、1位iPadは「シェア61.5%」……MM総研調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

2011年度タブレット端末のメーカー別出荷台数・シェア(台数:万台)
  • 2011年度タブレット端末のメーカー別出荷台数・シェア(台数:万台)
  • 2011年度タブレット端末のOS別出荷台数・シェア(台数:万台)
  • タブレット端末の出荷台数推移・予測
  • 電子書籍専用端末の出荷台数推移・予測
 MM総研は12日、2011年度通期(11年4月~12年3月)の国内タブレット端末および電子書籍専用端末の出荷状況および将来予測の結果を発表した。

 2011年度のタブレット端出荷台数は前年比2.3倍の278万台、電子書籍専用端末の出荷台数は前年比2.1倍の33万台となった。タブレット端末のメーカー別出荷台数シェアは、iPadシリーズを投入したAppleが首位で、出荷台数は171万台、シェア61.5%となった。2位はGalaxy Tabシリーズを投入したSamsungで21万台、シェア7.6%。3位はARROWS Tabシリーズを投入した富士通で20万台、シェア7.2%となった。OS別シェアでもアップルのiOSが首位。Android OSのシェアは107万台、シェア38.5%だった。

 自宅リビングでの利用を主目的とする、画面サイズ8インチ以上のタブレット端末「ホームタブレット」については、出荷台数は229万台(タブレット全体の82.4%)となった。一方、画面サイズ7インチ台以下の「モバイルタブレット」出荷台数は49万台(タブレット全体の17.6%)となった。

 現タブレット端末ユーザーのニーズとして軽量化を求む意見が強く、今後のタブレット端末購入意向ユーザー
ーの画面サイズ意向などを分析した結果、画面サイズ7インチ台以下の「モバイルタブレット」が今後のタブレ
ット市場を牽引していくと、MM総研では予測している。また2012年度以降のタブレット端末出荷台数は12年度:374万台(うちモバイルタブレット97万台)、13年度:487万台(182万台)、14年度:612万台(270万台)、15年度:724万台(357万台)、16年度:798万台(424万台)となり、16年度にはモバイルタブレットが全体の53%と過半数を占めるまでに拡大するとしている。

 ちなみに2011年度通期の電子書籍専用端末の市場規模は、前年比2.1倍の33万台。2012年度以降の電子書籍専用端末の出荷台数は、前年比2.8倍の93万台に拡大すると予測している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top