HP、3期連続の減収減益で2万7000人の大量リストラを発表 | RBB TODAY

HP、3期連続の減収減益で2万7000人の大量リストラを発表

エンタープライズ 企業

HP
  • HP
  • HP社長兼CEOのメグ・ホイットマン氏
 米ヒューレットパッカード(HP)は23日(現地時間)、第2四半期(2~4月)の決算とともに、大規模なリストラを実施することを発表した。2万7000人にのぼる従業員を削減する。

 第2四半期の売り上げは306億9300万ドルで、前年同期の3%減。純利益は15億9300万ドルで、前年同期の31%減となった。これで3四半期連続の減収減益となっている。

 事業別の売り上げでは、パソコンなどを担当するパーソナルシステムグループが94億5200万ドルでほぼ横ばい。企業向けは3%増加したものの、コンシューマー向けが4%減少した。企業向けのサーバー/ストレージ/ネットワーク事業は52億1100万ドルで、前年同期から6%の減少となった。また、サービス事業は88億3100万ドルで、前年同期の1%減だった。

 同時に発表されたリストラ策は、全従業員の8%にあたる2万7000人を2014年度末までに削減するというもの。これにより30から35億ドルの経費節減となり、その削減分はクラウド、ビッグデータ、セキュリティの分野に投資するという。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top