NEC、東京駅にデジタルサイネージを活用した総合案内ディスプレイを納入 | RBB TODAY

NEC、東京駅にデジタルサイネージを活用した総合案内ディスプレイを納入

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

総合案内用ディスプレイ
  • 総合案内用ディスプレイ
  • デジタルサイネージソリューション「PanelDirector」を活用
 日本電気(NEC)は11日、東京ステーション開発に、デジタルサイネージソリューション「PanelDirector」(パネルディレクター)を活用した、マルチタッチの総合案内用ディスプレイを納入したことを発表した。

 総合案内用ディスプレイは、東京駅八重洲地下中央口改札出てすぐの東京駅一番街「のぞみ広場」内に設置されるもの。「東京駅一番街」のほか、八重洲口に展開する「大丸東京店」「八重洲地下街」「グランスタ」「グランスタダイニング」「キッチンストリート」「キラピカ通り」「北町ほろよい通り」「黒塀横丁」「グランアージュ」の、商業施設すべての情報を1台で閲覧できるディスプレイとなっている。マルチ画面かつマルチタッチでの総合客先案内は、鉄道商業施設において初めての取り組みとのこと。

 ディスプレイは、ウルトラナローベゼルを採用した55型ディスプレイ「MultiSync LCD-X551UN」4台のマルチ画面で構成。また、2人が同時に操作できるマルチタッチ(2点同時タッチ)が可能となっており、大画面を2つにわけ、2人同時に検索するといった使い方もできる。案内コンテンツは、画面の拡大・縮小だけでなく、タッチ個所の高さに合わせて検索画面を表示することが可能。外国語については英語表示に全対応、韓国語および中国語に一部対応した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top