岩波書店、「岩波文庫」の電子書籍化を決定……4月下旬より配信開始 | RBB TODAY

岩波書店、「岩波文庫」の電子書籍化を決定……4月下旬より配信開始

ブロードバンド その他

岩波文庫の『こころ』(夏目漱石)の説明ページ。電子書籍版の配信がはじまった時点から、その電子書店サイトへのリンクが付けられる。
  • 岩波文庫の『こころ』(夏目漱石)の説明ページ。電子書籍版の配信がはじまった時点から、その電子書店サイトへのリンクが付けられる。
  • 4月より配信される28点32冊の内訳
  • 電子書籍版<岩波文庫>
 岩波書店は10日、「岩波文庫」電子書籍版の配信を開始することを発表した。ロングセラーの既刊書を中心に、28点32冊を電子書籍(リフロー版)化し、4月26日より一括配信する。

 「岩波文庫」は1927(昭和2)年7月、創業者の岩波茂雄によって創刊された。文学、哲学、歴史、宗教、自然科学、法律、経済など、ほぼあらゆる分野の古典的著作を刊行しており、総刊行点数は現在では5600点を超えているとのこと。

 電子書籍化されるのは、『こころ』(夏目漱石)、『小僧の神様 他十篇』(志賀直哉)、『山月記・李陵 他九篇』(中島敦)、『黒猫・モルグ街の殺人事件 他5篇』(ポオ/中野好夫訳)、『ツァラトゥストラはこう言った(上・下)』(ニーチェ/氷上英廣訳)など28点32冊。電子書籍は、「honto」「BookLive」「電子書店パピレス」「e-Book Japan」「GALAPAGOS STORE」「LISMO Book Store」などの電子書店を通じて販売される。

 同社では、電子書籍の市場の広がりとともに、「電子書籍コンテンツ」として 「岩波文庫」の電子書籍化の要望が強まったため、今回要望に応えることにしたとしている。なお、「岩波新書」「岩波ジュニア新書」は、すでに昨年11月より電子書籍版が配信されており、「岩波新書」は月4点、「岩波ジュニア新書」は月1点ずつが定期配信されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top